コラム

 公開日: 2016-09-24 

マナーうんちく話1317《あわれ秋風よ 情けあらば伝えてよ…》

「味覚の秋」を迎え美味しいものに目移りがする時期になりました。
しかしなんといってもお手頃価格で美味しくて栄養価が期待できるものと言えば「サンマ」ではないでしょうか?

秋風が立ち始めると秋の味覚サンマがやってきます。
「秋の魚」と書く秋刀魚ですね。
では「青串魚」という魚をご存知でしょうか?
また「三馬」は如何でしょうか?

サンマを「秋刀魚」と表現するようになったのはまだ100年くらい前のことです。

コスモスを「秋桜」と表現するようになったのは、山口百恵さんの「秋桜」の曲がヒットしたのがきっかけになったと言われていますが、それと良く似ています。

ちなみに「サンマ」は他の魚のように「魚」編は付きません。
理由はサンマが中国にいなかったので、日本人が色々な漢字をあてたからだそうです。

もともと細長い形の魚を意味する「狭真魚(さまな)」から転化し、歴史的には「青串魚」や「三馬」が充てられていたようですね。

明治39年に発表された夏目漱石の「吾輩は猫である」の中ではサンマは「三馬」と表現されています。

そして大正10年には佐藤春夫は「秋刀魚の歌」を発表しています。
まさに秋が旬で、青い刀のような形をしたサンマを秋刀魚と表現し、この漢字が現在まで続いているということです。

今度サンマをみんなで食べる時に是非「うんちく」を述べて下さい。
折角ですからさらにつけ加えておきます。

最近は国際化の影響で流通も複雑多様になり、加えて冷凍技術が発達しているので魚輸入魚が大変多くなりました。
日本の神様が好きな鯛もしかりですね。

でもサンマは100%日本国内で捕られています。
しかも養殖ではありません。

《秋刀魚が出れば按摩が引っ込む》という江戸時代の諺が有ります。
旬のサンマはとても栄養価が高いので、それを食べたらみんな元気になり、当時町医者の役割をしていた按摩の出番がなくなってしまうという意味です。

『あわれ秋風よ 情あらば伝えてよ・・・
青き蜜柑(みかん)の酢(す)をしたためて サンマを食うはその男が故郷のならひなり・・・』と「秋刀魚の歌」で謳われているように、おろしたての大根に、まだ青いミカンやスダチやカボスを絞って食べると実に美味しいですね。

口先が黄色で、皮がピンと張っているのが新鮮だそうです。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1657《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食②」》

洋食を食べるときに使用するナイフ・フォーク・スプンは、総称して「カトラリー」と呼ばれます。英語では「cut...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1656《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食①」》

料亭や旅館などの和室で和食をいただく場合は、男性優位になるケースが多々ありますが、ホテルやレストランで洋食...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1655《なぜ一匹丸ごとの魚を食べるときにひっくり返してはいけないの?》

一匹丸ごとの魚、つまり尾頭がついたまま出された場合はそれなりのテクニックが必要です。昔からこのような魚...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1654《和食を食す際、なぜ「手盆(手皿)」はいけないの?》

マナーは心と形が大切ですが、「なぜこうなるの?」という合理的な理由が必ず存在します。その理由を正しく理解...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1653《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「和食②」》

【箸の知識とマナー】次に箸のマナーですが、箸をとるタイミングが大切です。主賓や上司が箸を持ったらそれに...

[ 和食テーブルマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ