コラム

 公開日: 2016-09-22 

マナーうんちく話1316《正しく理解したい「春分」と「秋分」、「お盆」と「お彼岸」の違い》

日本には一年を24に分けた「二十四節気」が有りますが、それには大きな節目が4つあります。ご存知でしょうか?

夏の「夏至」と冬の「冬至」、そして春の「春分」と秋の「秋分」の「二至二分」です。

つい先日まで厳しい残暑が続いていましたが、度重なる台風の影響ですっかり秋の気候になりましたね。
本当に季節の移り変わりは不思議な気がします

9月22日は「秋分の日」で国民の休日です。
「春分」と同じように、昼と夜が同じ長さになる日です。
加えて太陽が真東から昇り、真西に沈む日です。

昔はご先祖が住んでいる極楽浄土は真西に存在すると考えられており、秋分の日はご先祖と一番近くなる日になるのでお墓参りをしました。
ここまでは春分の日も秋分の日も同じです。

では「秋分」と「春分」の違いはどこにあるのでしょうか?
「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますが、春分の日はまだ寒いので上着が必要です。これに対して秋分の日はまだ暑いのでクールビズの期間です。

秋分の日と春分の日では平均気温が10度位異なります。
さらに決定的に異なる点は、「春分の日はこの日を境に夜が短く昼が長くなります」が、「秋分の日からは夜が日毎に長くなり昼が短くなります」。

またお彼岸にお供えする団子は、秋は萩の花にちなみ「お萩」と呼び、春は牡丹の花が咲く時なので「ぼた餅」と呼びます。

食材は同じですが季節を彩る花により呼び名が異なるわけです。
ちなみに食材には米、甘味料、小豆などが使用されますが、これらは当時の人にとっては最も貴重なモノです。それらを惜しげもなく使用してお供えするということは、如何に祖先を大切にしたかということです。また小豆には邪気を払う効果が有ると言われています。

加えて春は豊作を「祈願」し、秋は豊作に「感謝」するお供えだったとも言われていますが、実った穂が垂れ下がり、間もなく稲刈りが始まり、まさに収穫の秋を迎えるわけです。

ところで「お盆」と「お彼岸」の違いをご存知でしょうか?

お盆はご先祖が里帰りされる日で、迎え美を焚いてお迎えし、盆踊りやご馳走でお持て成しをして、送り美を焚いてお見送りする行事です。
つまり「先祖を迎えて供養する日」です。

一方お彼岸は、こちらから出向いて先祖に感謝する日です。先祖は家に帰りませんので墓参りが中心になります。盆が供養する日ならお彼岸は「先祖に感謝し慕う日」だと認識すればいいでしょう。

先祖を敬う心や極楽浄土への信仰など、様々な事柄が融合して日本独特の風習になったと思いますが、いくら時代が変わろうとも大切にしたいものですね。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1692《孤独を防ぐコミュニケーションスキルと地域交流》

世界屈指の孤独な国といわれる日本で、特に深刻なのは中高年齢者の男性でしょう。しかし勤務中は職場の人間関係...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1691《最近とみに希薄になった人間関係。どうする?》

いつの世も人は人に関心を持ちます。1人では生きていけないからでしょうか・・・。前回「中高年の孤独」に触...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1690《「夏は夜」。本当は大きな意味を持つ二十四節気の一つ「夏至」》

相変わらず梅雨空が続いておりますが、梅の実が黄色く熟し、蛍が飛び交う頃はなにかと風情を感じることができます...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1689《今、中高年齢者の孤独が危ない!どうする?》

世界屈指の長寿国になった日本。あなたは長い人生をどう生きますか?長生きを競うことも大切ですが、長い人...

マナーうんちく話1688《「平服でお越しください」の招待状。どう対応する?》

日本は物が豊かで何もかもとても便利な国になりました。ファッションにしてもそうでしょう。通勤や日常生活...

[ マナーの心得 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ