コラム

 公開日: 2016-09-21 

マナーうんちく話1315《まことお彼岸入りの彼岸花》

四季が明確に分かれている日本には「風物詩」という美しい言葉が存在します。

風物詩は俳句の「季語」のように限定されたものと異なり、その季節特有の現象や文化や味覚や生物などと範囲がとても広いのが特徴だと思いますが、台風一過の今朝は、空気がとても澄んでいて空が高くなった気がしませんか。

9月20日は「空の日」でしたが、ちょうど「燕」が日本の空から南の空に向けて去っていく頃です。

最近は昔と異なり近代化の家が多くなり、燕が巣を作りやすい家が減少したせいで、燕の飛来数がめっきり減って来た感が有ります。

もともと農作物を食い荒らす害虫を食べてくれるので「益鳥」と言われていましたが、天敵から巣を守るためにあえて人の家に巣をつくることから、江戸時代になると「千客万来」「商売繁盛」の代名詞になりました。

だから日本人には昔から何かと親しまれてきましたが、その燕が冬を越すために南に帰るのはやはり寂しいもので、希望に満ちた春に比べれば、侘しささえ感じます。

台風は二度と来てほしくありませんが、燕は次の春に再度帰って来て欲しいものです。

ちなみに燕は二つに割れた尾が長いのが特徴ですが、男性の礼装で「燕尾服」はここから名付けられています。

ところで9月22日は「秋分の日」で「彼岸の中日」です。
秋の七草に続き「彼岸花」が咲き乱れる頃でもありますが、実った稲穂と満開の彼岸花は日本の秋を代表する風物詩と言えるのではないでしょうか?

別名「マンジュシャゲ」とも呼ばれ、赤い花を意味しますが、「天上の花」「天界の花」としてお目出度い花でもあります。

しかし有毒の花で、野獣から守るためにお墓の近くや畑に植えられたせいでしょうか?江戸時代から「死人花」「幽霊花」等と忌み嫌われることもあります。

同じ花でも好きな人も嫌いな人もいますが、彼岸花ほど極端な花はあまりないのではないでしょうか?

ちなみに「彼岸」とは「あの世」のことですから、誤って毒性の強いマンジュシャゲを食べたら「あの世(彼岸)」に行くことになるので、彼岸花と呼ばれるようになったそうです。

菊も本来は高貴な花なのですが、葬式の花と思っている人も多いようです。
なんだかこれとよく似ていますね。

そして空気が澄んでくるので空が高く感じるようになり、大魚が予想される鰯雲が現れます。
夏の雲は上下に伸びますが、うろこ雲や鰯雲のような秋の雲は横に伸びます。

昼と夜の長さが同じになる「秋分の日」を境に、鳥も花も雲も、夏と秋が入れ替わる頃ですね。さらに9月は「長月」とか「夜長月」と呼ばれるように、これから日毎に夜が長くなっていきます。

冒頭の句は戦前の日本の俳人種田山頭火の句ですが、彼の酒豪ぶりは半端では無かったようです。酒がおいしくなる季節でもありますが、飲み過ぎに気おつけて美食の秋をお楽しみください。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1528《365日を心豊かに彩る季節の言葉「秋の彼岸」》

9月の後半に入る頃になると暑さも落ち着きかなり過ごしやすくなり、「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉が実感できるよ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1527《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係②》

人がなくなると骨上げの際に箸を使用します。いろいろなやり方があるようですが、二人組んで行う場合が多いよう...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1526《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係①》

突然ですが、現在地球上に何人いるかご存知でしょうか?世界の総人口は現在約74億人です。地球上では、一...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1525《「すみません」は何度言えばいいの?》

台風の動向が気になりますが、空が澄んで星や月がきれいに見えますね。昔の人は、月の満ち欠けの形で農作業の目...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1524《美人は本当に薄命なの?》

只今二十四節気の「白露の頃」ですが、露に濡れて香り立つ草木からも、深まりゆく秋の気配が感じられます。秋...

[ マナーの心得 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ