コラム

 公開日: 2016-09-19 

マナーうんちく話1313《敬老の日!手放しで喜べない長寿社会の実態》

中華でも洋食でも和食でも高級食材とされるアワビが旬を迎えていますが、アワビは祝儀袋に使用されている大変縁起の良い魚介類です。

ではなぜ縁起が良いとされるのでしょうか?
昔は「アワビは100年生きる」とされていました。
だからそれを干物にして、薄くスライスして、さらに伸ばし延命長寿を願ったわけです。

恐らく当時の平均寿命は数十年だったと思いますが、今日本は世界屈指の長寿国になり、100歳まで生きている人は全国で六万人を超えました。

9月19日(月)は9月の第3月曜日で「敬老の日」です。
全国各地で様々なイベントが開催される時でもありますが、その理念は「多年に社会に尽くしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことにあります。
誠に喜ばしいことでもあり目出度いことです。

しかし手放しでは喜べないことも沢山あります。
確かに健康寿命は世界屈指になりましたが、健康で自立して生きられる「健康寿命」と大きな隔たりが有るということです。

女性は13年位、男性は10年近く介護など何らかの形で支援を受けなければいけないというのが現状です。

この期間が長くなるほど本人も辛いし、周囲の人も困ります。
認知症もその典型的な例でしょう。
良薬が次々と開発されているようですが、まだ完全に治る薬はありません。
年々深刻になる一方です。
だから認知症が初めて世界保健相会合のテーマにもとりあげられましたね。

加えて「無縁社会」といわれる社会現象です。
家庭、地域、職場等での人間関係の希薄化がすすみ孤独になる人が増えています。

日本は世界屈指の長寿国ですが、高齢化率も世界一で、9月15日時点で30%を超えました。ちなみに65歳以上の人口は3461万人で過去最高になりました。

そして高齢社会の特徴は「独居高齢者」が増えることです。
高齢者の孤立が大きな課題になります。

高齢者の年代を60歳からと捉えるか、65歳と捉えるか、あるいは70歳以上と捉えるかは適応される法律や年齢などで様々でしょうが、ある調査では2週間会話が無かった65歳以上の高齢者は6人に1人いた結果が出ています。

由々しきことだと思いませんか?
このような状況では、決して豊かで、幸福な国とは言えないと思うのですが・・・。

次回に続きます。











次回に続きます。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1623《今流の男の礼儀作法⑥「グローバル時代のマナーとは?」》

江戸時代の武士も町人も庶民も礼儀作法に重きを置いたのは、次第に物が豊かになるにつれ、良好な人間関係を築く必...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1622《目は口ほどに物を言う!」。大切にしたい「視線」のマナー》

「嘘をついても目を見ればよくわかる」とよく耳にします。また「目は口ほどに物を言う」と昔から言われます。...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1621《今流の男の礼儀作法④「礼儀作法は教養の代名詞であり、生活の必需品だった

経済力や地位が高まれば次に望むものは知性や教養というのは古今東西普遍のようですね。「衣食足りて礼節を知る...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1620《雨水!春の雨で鋭気を養い、自分らしい花を咲かせよう》

雪が多い年は豊作になるといわれていますが、「瑞花(ずいか)」という吉兆を表す言葉があります。雪が多く降...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1619《ブランド志向とティファニーのテーブルマナー教本》

今の子育ては間違いだらけ!?教育者ではないので、子どもの教育のことはよくわかりませんが、若者の様々な研修...

[ マナーの心得 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ