コラム

 公開日: 2016-09-15 

マナーうんちく物語1310《あなたはどう思う?「満月とウサギの物語」》

一夜ごとに素敵な名前をつけて楽しむほど、月は日本人にとって身近な存在で、愛でる文化の象徴でもあったようですが、残念ながら満月が必ずしも晴天とは限りません。

十五夜が雲の中に隠れて全く見えないことも多々ありますが、そのような月には「無月」と名前が付けられました。また雨が降った時には「雨月」と呼びました。

このところ曇った天気が続いていますので、今夜はどうなるか?
気になりますね。

いずれにせよ、十五夜のイベントは収穫への感謝を込めて行われます。
芒(すすき)をお供えしますが、これは芒がイネ科の一種で米に見立てているためです。加えて米で作った団子を十五お供えすることもあります。

また丁度芋が収穫される頃で、芋を供えるので中秋の名月は「芋名月」とも呼ばれます。

ただし、この芋はサツマイモではなく「里芋」のようです。
里芋は稲作よりも古く、縄文時代より早くから存在していたと言われています。
当時は里芋が主食だったかもしれませんね。

そして仲秋の名月の頃に旬を迎える有名な花が有りますがご存知でしょうか?
我が家の庭先にも毎年この時期には紫の花を付けますが「紫苑(しおん)」です。
十五夜の時期に咲くので「十五夜草」とも呼ばれます。

ところで十五夜お月さんには「兎」が登場しますが、その訳をご存知でしょうか?

こんな言い伝えが存在します。

昔々の話ですが、天竺という所に兎と猿と狐がいました。
彼らは自分たちが人間ではなく動物であるのは、ひとえにご先祖様が全前世で悪い事をしたからだと思っていました。

だから何事においても前向きになれずネガティブになってしまうわけです。

これをあわれに思ったお釈迦さまが彼らを試してみることにしました。

お釈迦様はみすぼらしい老人に化けて彼らの前に現れ、彼らがどのような行動をとるのか試したわけです。

そうすると、猿は持ち前の木のぼりのスキルなどを駆使して果物などをたくさん採って老人に差し出します。
狐も鋭敏さを活かし獲物をとらえて老人に提供します。

しかし兎は獲物をとることができません。
そこで兎は、「私は何もできなかったので丸焼けになった私を食べて下さい」と言い残し、自ら火の中に飛び込みました。
まさに命を掛けた行動に出たわけです。

哀れに感じたお釈迦様は、兎の亡骸を抱いて月に登り兎を祀ったとか・・・。
以後、満月には兎が登場するようになったと言われています。
但し、満月に登場する動物は国により様々です。

自分の身を呈してまで老人に尽くした兎をどう思うかは人それぞれですが、「かぐや姫」や「兎」の物語りと言い、昔の人の発想は豊かですね。

満月を見ながら思いをはせて頂ければと思います。
そして不自由なく食べ物にあり付けることにも感謝したいものです。

また、お月見とは主に満月を眺めて楽しむことですが、「観月」ともいいます。
私たちは月を眺めながら兎の餅つきを連想しますが、平安貴族は観月の宴や船遊びに興じていたようです。

彼らの素晴らしいところは、月そのものを直接見るのではなく、水面に浮かぶ月を見ながら詩歌を詠んだ点だと思います。
地位や金や権力だけでなく「教養」が伴った点がまさにセレブですね。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1430《中高年に課せられた高度なマナーとは?》

日本では「春は嵐と共にやってくる」といわれますが、西洋では「春はライオンと共にやってくる」と言われます。...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1429《「弊社」と「当社」、好感をもたれるのはどちら?》

和風月名では3月は「弥生」ですが、他にも「雛月」「桃見月」「花見月」そして「夢見月」があります。いずれ...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1428《ファックスを送信した。この時確認の電話は?》

春の陽気に誘われ虫達が地上に出て活動する時で万物が躍動する時です。姿勢を正し、心機一転希望のスタートを切...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちくばなし1427《お彼岸にはなぜお墓参りをするの?》

梅がそろそろ見納めになりましたが、桜はまだ早い。こんな時に目を楽しませてくれるのが桃です。気温が上昇...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1426《臨機応変が大切!「視線」のマナー》

豪華な部屋に通されて部屋中をキョロキョロ見つめた記憶はありませんか?人と会った時に、その人の顔をじろじろ...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ