コラム

 公開日: 2016-09-12 

マナーうんちく話1307《満月までに知っておきたい「月の形と暦の関係」》

暦の上での秋は立秋から立冬の前日までですが、「秋の語源」は、食べ物が豊富に出回り、木の葉が赤く染まり、空の色が明らかになることにあります。

空気が澄み空の色が明らかになれば、美しい月を愛でることが出来るので、道元は「秋は月」と詠んでいます。

だからこの時期になると、先人たちは移ろいゆく日々のお月さまに素敵な名前をつけて、風流を楽しんでいたようですね。
まさにスローライフの時代ですからその気持ちがなんとなく解る気がします。

ところで旧暦の月では秋は7月と8月と9月までですが、7月を「初秋」、8月を「中秋」、9月を「晩秋」と呼びます。そして月を愛でるには8月の中秋がなんと言ってもメインになるわけです。

ちなみに旧暦は月の満ち欠けに大きな影響を受けますが、先人が月に対して、どのような思いを持っていたのかは、その名前の付け方からも容易に伺うことが出来ます。

もともと昔は月の形で何日かを判断していたようですね。
たとえば「今日は満月になったから15日、新月だから1日」というように・・・。
昔の暦はそんな単純な暦だったと思います。

中秋のお月様の移り変わりと、その呼び名を前半と後半に分けて解説しておきますので、一年で最も月が美しい時期を心豊かにお過ごし下さい。

加えて次回より「満月」に込められた様々な物語に触れますので、併せてお付き合いください。

○新月
肉眼で見えるか見えない位ですが、大陰暦では一月のスタートになります。
月はこの状態から日毎に満ちて行きますが、その新月が一日(ついたち)で満月が15日になったわけです。そして月が12回満ち欠けを繰り返せば一年が経過する事になり、このような月の動きを基準にして作られた暦が「大陰暦」です。ちなみに「大陰」とは「月」のことです。

○三日月
月が小さいながらも細い月がはっきり見えてきます。
なぜ三カ月かと言えば三日目の月だからです。

○七日月
弓の弦を張ったように見えますが半月です。
別名「上弦の月」とも呼ばれます。

○十日夜
10日目ともなれば、次第にお月さまが丸くなってくる頃です。
「とおかんや」と読みますが、「十五夜」、「十三夜」とともに頭に入れて下さい。

○十三夜
このコラムでも何度も触れましたが、十五夜と共に「二夜の月」といって月見の対象になる月で、現在でも様々なイベントが各地で行われています。
完璧ではなく、少し欠けた状態を好んだ日本人の感性が垣間見られる月です。

○十四夜
いよいよ後一日で待望の満月ですね。
満月を待ちきれない人がその思いを込めてつけた名前でしょう・・・。
昔の人は意外にせっかちだったのでしょうか。

○十五夜
旧暦八月の十五夜に限り「中秋の名月」呼びます。
私たちに一番なじみの深い月で、各地で様々なイベントが展開されますが、統計上では快晴の日は少ないようですね。
今年はどうでしょうか?

次回はお月見に触れ、最後に「十五夜」以降の名前にも順次触れておきます。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1530《人から頼りにされていますか?》

庭や野山の草花に宿る白露が秋の趣を深めるようになったら、春にやってきたツバメが日本から遠のき、南へと移動し...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1529《365日を心豊かに彩る季節の美しい言葉「秋の七草」》

めっきり涼しくなった空を見上げるとウロコ雲が小さな群れをなしています。夏の入道雲のような逞しさは感じられ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1528《365日を心豊かに彩る季節の言葉「秋の彼岸」》

9月の後半に入る頃になると暑さも落ち着きかなり過ごしやすくなり、「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉が実感できるよ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1527《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係②》

人がなくなると骨上げの際に箸を使用します。いろいろなやり方があるようですが、二人組んで行う場合が多いよう...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1526《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係①》

突然ですが、現在地球上に何人いるかご存知でしょうか?世界の総人口は現在約74億人です。地球上では、一...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ