コラム

 公開日: 2011-01-27  最終更新日: 2012-04-20

マナーうんちく話40≪お見合いのマナー・後日編≫


マナーうんちく話40《お見合いのマナー後日編》

お見合いが終わってからの態度はとても大切です。
結婚情報サービス等によるお見合いでは、そちらのルールに従ったらいいですが、友人、世話人等を介した場合は速やかにお礼と共に報告を入れます。
「今日は何から何まで大変お世話になりました。お陰さまで楽しく話も弾みました」という感じがいいですね。

正直言って1回のお見合いで結婚に至るケースはまれです。
何回も繰り返す中で、当事者と世話人の人間関係が築かれていきます。世話にお礼がキチンと言えるかどうか、あなたの人柄です。

世話をした側は、例えお見合いがうまくいかなくても、誠意を汲みとってもらい、かつお礼を述べてもらえば、嬉しいし、やりがいも湧きます。
またいい人を紹介してあげたい気持ちになります。親を介してではなく、直接当事者がキチンとお礼を述べて下さい。
本人が直接お箸と謝金を持参しお礼を述べるのが理想ですが、止む終えない場合は礼状を出すことをお勧めします。

最近は携帯電話、ファックスなどが普及していますが、私は「礼状」を書くことをお勧めします。自筆で、白の便せんに、白の封筒で。タイミングはお見合いをした当日の夜書いて、翌朝投函です。
お礼の気持ちを丁寧に発信できるということは、あなた自身の品格を高めることです。私も何度も礼状を頂きましたが、これが一番嬉しいですね。
またお世話したくなります。

ただこの時点では「お礼と報告」までで、ただちに結果をいう必要は有りません。今後のことは2-3日考えさせて下さいで、結構です。

◆お見合い終了後の返事について
○返事を待ってもらいたい場合⇒「誠に勝手なお願いですが、もうしばらく考えさせていただきたいと思っています。今しばらくお待ちいただけますでしょうか」といってお願いして下さい。期日を明確にした方がいいですね。せいぜい長くて1週間くらいです。

○断る場合⇒できるだけ早めに断るのがベターです。この場合は速やかに釣書も返信して下さい。同時に今後のこともキチンとお願いされたらいいですね。

○交際を希望する場合⇒今後とも前向きに交際したいので、よろしくお取次をお願いします」と、素直にお願いして下さい。

互いがOKの返事をすれば、いよいよ交際のスタートです。
本人同士でストレートに連絡を取り合うことになります。

◆交際のマナー
○何回か会って交際をやめたい場合⇒会う回数に比例して、段々と相手の人柄が理解できてきます。もっと積極的になりたいと思うか、もう交際はやめにしようかと思うかは、あなた次第、相手次第です。

2-3回くらいで交際をやめたくなったら、世話人にお願いしてこちらの気持ちを伝えてもらえばいいですが、結構回数を重ねた後だったら直接、丁寧にお断りした方がいいと思います。

○さらに親密になりたい場合⇒《マナーうんちく話41》へと続きます。

◆その他
よくお見合いのお世話をして感じることですが、ボランティアでお世話をする場合もあるし、謝金を頂いてする時もあります。
正直言って、殆どの世話人がそうであるように、お世話をさせていただく以上、心底、良い結婚をして、幸せになってほしいと思います。

従って精一杯真心をこめます。双方の意思確認、日時の設定、それらが決まれば、それをうまくこなすために色々と神経を使います。美容院や散髪にも行き、クリーニングも必要です。風邪をひいても辞めるわけにはいきません。

つまり世話人も、精神的、経費的にも負担があります。
こんなとき救われるのが、やはり誠意のあるお礼です。お金はその次です。

「お金を払っているのだから当然」という考え方は感心しません。全てにおいて言えることだと思いますが・・・

次回はいよいよ交際編です。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1415《上司から嫌な仕事を頼まれた。どうする?》

「1月はいぬる、2月は逃げる」と言いますが、1月2月は何かと多忙で、あっという間に時間が経過するのでこのよ...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1414《生活文化の根源をなすお稲荷さんと米作り》

都会に住む人はアスファルトの道しか見えませんが、土がいくらか湿り気を含み出し、大地が潤い目覚める頃です。...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1413《どちらが大切?「見た目」と「中身」》

山や野の情景に春霞がたなびき、風情が漂う頃です。ところで「霞」と「霧」の違いをご存知でしょうか?霞は...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1412《どこにでもいる嫌な上司。どう接する?》

「春一番」の季節になりました。春一番とは、「立春」から「春分」にかけて吹く強い南寄りの風ですが、昔から「...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1411《新人を活かし職場を元気にする、迎える側の技量と環境》

今まで新入社員(職員)を迎えるにあたりその心構えに触れてきましたが、新入社員の能力はさて置き、彼らをどのよ...

[ ビジネスマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ