コラム

 公開日: 2016-09-06 

マナーうんちく話1301《お持て成しのポイント②大切にしたいソフト面のお持て成し》

おもてなしには「ハード面」と「ソフト面」が有りますが、ハード面でしたら先ずは心地良い空間づくりでしょう。

部屋を綺麗に整理整頓することが大切です。
玄関先、応接室、お手洗いなどが清潔感漂うことです。
特に玄関は家全体の印象を大きく決定づけますので清潔にして下さいね。

加えて今頃でしたら、おもてなしの心をさりげなく発揮する意味で、秋の七草の桔梗や女郎花や萩などをあしらうこともお勧めです。

来客時に呼び鈴が鳴ったら素早く玄関に出て扉を開け、挨拶をしますが、この時点では簡単な挨拶にとどめます。

次に客間に案内しますが、背中を向けないよう注意して下さい。
さらに前回触れましたが、お客様を上座に案内することが大切です。

続いて茶菓を差し出しますが、ポイントは下座から差し上げます。
菓子が左、飲み物は右になるようにして下さい。
但し状況により臨機応変に対応して下さいね。

余談事になりますが、飲み物が右、食べ物が左という決まり事はケーキとコーヒーの場合も同じです。
料理もしかりです。
レストランでは右側にビールやワインなどの飲み物が置かれます。

しばらく会談して、お客様がお暇を切りだしたら、来訪して頂いた御礼をキチンと述べ、お見送りします。
忘れ物の確認や、冬ならコート類も室内でお召しになるよう勧めて下さい。

ちなみにお客様がお暇を切りだしたら、一旦引き留めるか?否か?ですが、これは自分の気持ちと相手の状況に任せた方がいいでしょう。

自分がもう少し話しがしたいと思えば引きとめればいいし、「ヤレヤレ」と思ったら素直に従えばいいでしょう。
但しお客様は引きとめられた方が嬉しいと思います。

では相手がなかなか帰ろうとしない時はどうするか?
失礼にならない方法は「只今○○時○○分ですが、平松様のこの後のご予定は?」等と相手の予定をさりげなく尋ねるのがポイントです。

概ね9割くらいの方は察してくれますが、それでもダメならこちらの都合をキチンと伝えてお引き取りいただけばいいでしょう。

昔は箒を逆さにしたと言われますが、箒はゴミを集めるもので、それを逆にするということはゴミを退散させる意味に繋がるからです。
この理屈を知っているお客様だったら立腹されるかもしれませんね・・・。

最後にお見送りは相手にもよりますが丁寧にして下さい。
「お出迎え3部にお見送り7分」と心得て下さい。

基本的には敷地の限界まで、マンションならエレベーターまでがお勧めです。
そしてお客様を応対した人全員でお見送りするのが基本です。

上位者は要件が住めばさっと引き揚げて、下位者のみがお見送りするケースもよく見かけますが、感心しません。

品格はここに出るわけです。
ハード面も大切ですが特にソフト面は大切だと心得て下さい。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

8

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1528《365日を心豊かに彩る季節の言葉「秋の彼岸」》

9月の後半に入る頃になると暑さも落ち着きかなり過ごしやすくなり、「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉が実感できるよ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1527《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係②》

人がなくなると骨上げの際に箸を使用します。いろいろなやり方があるようですが、二人組んで行う場合が多いよう...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1526《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係①》

突然ですが、現在地球上に何人いるかご存知でしょうか?世界の総人口は現在約74億人です。地球上では、一...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1525《「すみません」は何度言えばいいの?》

台風の動向が気になりますが、空が澄んで星や月がきれいに見えますね。昔の人は、月の満ち欠けの形で農作業の目...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1524《美人は本当に薄命なの?》

只今二十四節気の「白露の頃」ですが、露に濡れて香り立つ草木からも、深まりゆく秋の気配が感じられます。秋...

[ マナーの心得 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ