コラム

 公開日: 2016-09-02 

マナーうんちく話1298《小さな秋を心豊かに彩る「秋津」と「秋桜」と「秋茄子」》

小さい秋を目で、耳で、舌で感じる頃ですが、空を眺めると入道雲と鱗雲が交互にかかり、夏と秋が葛藤しているのが感じられます。

その空にスーと現れるのがトンボです。
トンボの古い名前は「秋津」ですが、それこそトンボは秋を代表する虫だったのでしょうか。

ちなみに日本の国も昔は「秋津州(あきつしま)」と呼ばれていたそうです。
空には鱗雲がかかり、田んぼには稲穂が首を垂れ、野山には赤トンボが飛び交っていた風景が思い浮かびます。

かの有名な作曲家の山田耕作も、夕暮れのそのような状況をみて「赤トンボ」の曲を作ったのでしょうか・・・。
日本人には古くから親しまれている曲ですがその理由がよく解る気がします。

秋の虫が蜻蛉なら「秋の桜」をご存知でしょうか?
赤、ピンク、白の花を可憐に咲かせるキク科の花「コスモス」ですが、「秋桜」がコスモスになったのはまだそんなに長くは有りません。

1977年に山口百恵さんが歌って大ヒットした有名な曲「秋桜」が有りますが、実はこれが大きな影響を与えたようですね。

コスモスはメキシコ原産で、日本に入ってきたのは江戸時代だと言われていますが、今のように多くの人々に愛されるようになったのは明治になってからだそうです。

そして秋野菜と言えば「ナスビ」でしょう。
本来は夏にとれる野菜ですから「夏実(なつみ)」と呼ばれていたようですが、秋になると栄養を一杯蓄えてさらに美味になります。

ちなみに茄子は水分をたくさん欲しがるので水やりが大変ですが、霜が降りる頃までは楽しめます。

ところで「秋ナスは嫁に食わすな」と言われますが、封建的な家族制度で生まれた嫁いびりの説と同時に「おもいやり」の意味もあります。

「秋ナスは身体を冷やすので妊娠中の嫁に食べさせたら体を冷やすので注意しなさい」とか、「秋ナスは種が少ないので子どもが出来づらくなるのでたべないように」といった、姑が嫁を気遣う意味が有ります。

加えて「ヨメ=夜目=ネズミ」になるので、「美味しい物をネズミに食べられないように注意しなさい」という意味もあるようです。

秋の風物詩であるトンボは古くから、前に真っすぐに飛んでいるように見えることと害虫を食べるので、日本では縁起の良い虫とされています。

また秋の風にかわいらしく揺れるコスモスは清らか、可憐、愛情などという花言葉が存在します。

また秋ナスの紫はポリフェノールを多く含み身体に良いとされています。

加えて「秋」の語源は「食べ物が飽きるほど出回るから」だとされています。

このように、なにかと前向きになる要素が多いのが秋です。
前向きの気持ちで、元気にご活躍下さい。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

9

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1604《これくらいは知っておきたい「干支」のうんちく》

年賀状に犬のデザインを施された人も多いと思いますが、2018年の干支は戌(いぬ)ですね。暦や方位や時間に用...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1603《「小寒の氷 大寒に解く」。物事は思い通りにはいかない・・・。》

3月から4月並みの気温が続いていますが、1月20日は二十四節気のひとつ「大寒」です。暦の上では一年で一番寒い...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1602《どこへいった?日本人の礼節・・・。》

世界屈指の長い歴史を誇る日本人は、今でも米を主食にしています。そして稲作を中心とした農耕民族だったせいも...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1601《これくらいは知っておきたい「おみくじ」の知識とマナー》

おみくじにもマナーがあるの?と思われる方も多いと思います。おみくじを引いた人は非常に多いと思いますが、概...

[ 冠婚葬祭のマナー ]

マナーうんちく話1600《まだまだある正月行事!「小正月」「とんど焼き」「藪入り」》

12月は一年最後の月ですから「除月」と呼ばれますが、これに対して、一年で最初の月は「正月」と呼ばれます。...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ