コラム

 公開日: 2016-08-23 

マナーうんちく話1292《「処暑」と「秋の七草」》

日本選手団のメダルラッシュに沸いたリオオリンピックが閉幕して、4年後の東京に聖火が託されましたね。

名残り惜しい気持ちもしますが、健闘をたたえる拍手を、心を込めて贈りたいものです。

オリンピックも終わりましたが、「厳しかった夏もようやく終わりますよ」という晩夏の季語に、「夏の名残り」「夏惜しむ」「秋隣」がありますが、何事もいつかは終わりが来るということでしょうか。

暑い暑いと言って生活した夏ですが、ようやく峠を越え、これから少しずつ過ごしやすくなってきますからもう少しの我慢です。

ところで8月23日は二十四節気のひとつ「処暑」です。
朝夕に涼しい風が吹き、ふと秋を実感できる頃ですね。

今までのミンミンゼミがツクツクボウシに、入道雲が鱗雲などにも変わります。
そして「秋の七草」が順に咲く時期でもあります。

秋の野に 咲きたる花を 指折り かき数ふれば 七草の花
萩が花 尾花 葛花 撫子の花 女郎花 また藤袴 朝顔の花

山上億良が万葉集に寄せている歌ですが、この七草は皆一斉には咲きません。
最初にお目見えするのは「女郎花」でしょうか。

我が家の庭にもお盆前には咲きましたが、山や道沿いには「萩」も咲き乱れています。また、先日山で「桔梗」が咲いているのをみかけました。ほぼ毎年同じ場所に咲いているので慣れた所だと解りやすいものです。

ちなみに七草の歌で詠まれている「朝顔」は「ききょう」のことだと言われています。

加えて「尾花」は「芒(すすき)」のことですがそろそろです。
「葛花」もすでに見かけましたが、10月になると「藤袴」もおめみえするでしょう。

今は秋の七草を注意深く観察する機会は少ないでしょうが、当時の人は秋の七草を指折り数えて待つのが大きな楽しみだったのでしょうね。

特に平安貴族は避暑用に別荘を有していたと言われていますが、そこで秋の七草などを詩に詠んでいたのでしょうか。

万葉集で一番多く登場する花は「萩」ですが頷ける気がしませんか。
日本人が自然を大切に思い、自然と共生する気持ちがよく理解できそうです。

これからは農作物に実りが生じ、涼しい風が吹き、食べ物や花も楽しみの季節ですが、良い事ばかりではありません。

只今日本列島を台風が直撃していますが、この時期は同時に台風シーズンの到来でもあります。
くれぐれもご自愛ください。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

9

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちくばなし1563《どう違う「水引」と「リボン」②》

【水引の色】水引の色にはいろいろありますが、大きく分けて慶事用と弔事用になります。最も多いのは「赤と白...

[ 贈答のマナー ]

マナーうんちく話1562《どう違う?「水引」と「リボン」①》

お歳暮やクリスマスプレゼントに縁が深い人は多いと思います。恐らくお歳暮とクリスマスプレゼントの両方を、贈...

[ 冠婚葬祭のマナー ]

マナーうんちく話1561《どう違う?「お返し」と「内祝い」》

日本人は世界中の中でも贈り物をしたり、されたりするのが大変好きな国民のようですが、多くの人が贈り物をするお...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1560《七五三がテーマのわらべ歌と子育て》

「子どもは神の子」といわれていた時代、三歳、五歳の子供が成長すれば喜びも大きかったわけですが、七歳になれば...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1559《「千歳飴」誕生の物語。七五三に秘められた謎②》

「七五三」は「髪置き」「袴着」「帯解き」といった儀礼が、公家や武家のみならず、庶民の間でも行なわれていたよ...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ