コラム

 公開日: 2016-08-17 

マナーうんちく話1289《オリンピックの聖火に存在する不思議な力とは?》

連日地球の反対側で繰り広げられるリオ五輪。

日本のお家芸である柔道や体操を始め、様々な競技で日本勢のメダルラッシュが続いていますが頼もしい限りです。
今後の快進撃に大いに期待したいと思います。

ところで、世界には190を超える国と地域が有りますが、それぞれ独特の文化や宗教を持っています。

前回は日本のお盆の「送り火」と「迎え火」に触れましたが、今回は「オリンピックの聖火」に触れておきます。

オリンピック聖火(Olympic Flame)は、大会期間中は競技場でともされ続けられますが、その起源はとても古く古代ギリシャ時代にさかのぼります。

古代ギリシャ人は火を大変神聖なものとして扱い、古代オリンピックの期間中は神殿にある祭壇に火をともして、神様を称えていたといわれております。

そして、1928年のアムステルダムオリンピックで再び導入され、以後近代オリンピックの象徴であり続けているのはご存知の通りです。

ちなみに、聖火ランナーによる「聖火リレー」が導入されたのは1936年のベルリンオリンピックからです。

聖火リレーにより、「古代と現代をオリンピックの火で結ぶ」という思いが込められていたようです。
今でも聖火はその大会の理念を象徴するくらい重要です。

そもそもギリシャに限らず古今東西、「火」には特別な力が有ると信じられてきました。
特に宗教では、「あの世を映し出す力」が有ると考えられていたようですね。

日本では神道に基づきお宮参りをしますが、その際、お宮参りして火を頂いて帰る儀式が有るのもその例でしょう。

加えて仏教の葬儀においては、人が亡くなった時には「枕火」を焚きますが、これも「火によって害から守られる」とされているからです。
つまり邪気や魔物から守ってくれるのが火の力なのです。

地球上には色々な葬儀や結婚式が有りますが、「火が外の世界から守ってくれる」という捉え方は、国を超えて共通しているようですね。

次回に続きます。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

11

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1394《厳寒の中のぬくもり!苦労を経験すればするほど人は磨かれる》

この冬最大級の冬将軍が居座っていますが1月20日は二十四節季の一つ「大寒」で、一年で最も寒い時期です。ま...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1393《「お名前頂戴できますか?」。この言いどう思いますか》

「類は友を呼ぶ」といわれます。そして良縁はさらに良縁を産みます。良い人間関係、良い本、良い音楽、心地...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1392《寒い時期、心が温かくなる季節の言葉「木守柿」》

「生きることは食べること」といわれるように、食べるという行為は生きていく上で必要不可欠です。だから食べ...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1391《年中行事に込められた思い!小正月と小豆粥》

睦月も半ばを迎えましたが、元日にお迎えした歳神様が「三が日」「松の内」「七草粥」を経て次第に人家から遠のか...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1390《食べ物にも思いやりを!復活させたい「勿体ない精神」》

突然ですが、世界中に「日本食」とされる飲食店が幾つあるかご存知でしょうか?農林水産省の調べでは約886...

[ 和食テーブルマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ