コラム

 公開日: 2016-08-06 

マナーうんちく話1280《久しぶりに会った人には、どう声をかけたらいいの?》

間もなくお盆ですね。
お盆は先祖の霊が里帰りする日で、各家庭ではご先祖様をお迎えする準備で忙しくなる頃です。

またお盆休みを利用して同窓会を予定している人も多いことでしょう。
懐かしい友や恩師にあえて楽しみなことです。

ところで同窓会に限らず、久しぶりに会った人にはどのように声をかけますか?

「やーしばらく」「久しぶり」「元気?」「ご無沙汰しています」等色々あると思います。

そして同級生に会う時と、恩師に会う時では言葉遣いも変わると思いますが、いかがでしょうか?

久しぶりに会った人に声をかけるポイントは、恩師、世話になった人、目上の人には敬意を込めて「ご無沙汰」を使うと良いでしょう。

無沙汰はある程度関わりを持っていない期間、つまり会ったり、手紙を出すことをしばらくせずにいることです。

従って「ご無沙汰しています」「ご無沙汰いたしております」は、本来は挨拶に行かなければならなかったのに、音沙汰なくしてしまったことをお詫びする意味が有ります。

ちなみに「音沙汰」とは訪れたり、便りを出したり、連絡したりすることですから、「音沙汰なし」ということは、情報が断絶したり連絡が途絶したりする意味になります。

一方「久しぶり」は、長時間会うことが無かったという意味で、友人や知人に気軽に使用する事が出来ます。

また、最初に「お」、最後に「です」をつけて「お久しぶりです」となれば、敬語として目上の人にも使えます。

「ご無沙汰しています」は目上の人、上司、恩師などで、「久しぶり」は知人・友人と覚えておけば容易く使え分け出来ると思います。

日本語はTPOに応じて使い分けが難しい面が多々ありますが、その分上手に使えば格好良くなります。

そして挨拶する時は、ややこしい文法にこだわるより先手必勝、つまりこちらから先に元気良く、はきはきと、笑顔を添えてすることです。

加えて時が経過して相手の名前と顔が一致しないような場合は、「お久しぶりです、お元気でしたか、平松 幹夫です」と、先ず自分の名前を名乗ることをお勧めします。

そうすれば相手も名前を名乗ってくれます。
プライベートでもビジネスシーンでも試して下さい。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

10

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1622《目は口ほどに物を言う!」。大切にしたい「視線」のマナー》

「嘘をついても目を見ればよくわかる」とよく耳にします。また「目は口ほどに物を言う」と昔から言われます。...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1621《今流の男の礼儀作法④「礼儀作法は教養の代名詞であり、生活の必需品だった

経済力や地位が高まれば次に望むものは知性や教養というのは古今東西普遍のようですね。「衣食足りて礼節を知る...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1620《雨水!春の雨で鋭気を養い、自分らしい花を咲かせよう》

雪が多い年は豊作になるといわれていますが、「瑞花(ずいか)」という吉兆を表す言葉があります。雪が多く降...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1619《ブランド志向とティファニーのテーブルマナー教本》

今の子育ては間違いだらけ!?教育者ではないので、子どもの教育のことはよくわかりませんが、若者の様々な研修...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1618《どう思う?「ブランド志向」》

頭の先からつま先まで!ブランド商品で固めた人をよく見かけるようになりました。それだけ物が豊かになった...

[ マナーの心得 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ