コラム

 公開日: 2016-07-29 

マナーうんちく話1273《「鰻丼」の起源と美しい食べ方のマナー》

鰻丼は、丼に入れたご飯の上に鰻の蒲焼を載せた丼物で、一年を通じ食すことが出来ます。

もともと江戸の郷土料理とされていますが、この料理を考えたのは江戸時代の大久保今助という芝居の経営者だと言われています。
今から約200年前のお話です。

ある日川岸の茶店で鰻の蒲焼を食べていましたが、渡し船が出ることになりました。今輔はまだ食べている途中だったので、慌てて丼ご飯の上に鰻の蒲焼を載せて、その皿を蓋代わりにして船に乗りました。

しばらくして船が対岸に着いたので改めてその鰻の蒲焼を食べたら、それが何と今まで食べたことが無いほど美味しくなっていたとか・・・。

今輔は元々大の鰻好きで、この味をなんとか芝居小屋で商いできないものかとさらに研究を重ね、丼の中に熱々のご飯を盛り、その上に焼きたての鰻を載せ、タレをかけて売り出したら、これが大受けして現在に至っているようです。

もともと江戸の人は大変なグルメだったようです。そこに濃い口醤油が発明され食文化が大きく花開くわけですが、商売もとても上手だったようです。

鰻の蒲焼の魅力は何と言ってもタレの香ばしさでしょう。
醤油とみりんや砂糖などを加えて煮つめ、さらに一定の期間寝かせて使いますが、まさにその店、その店の伝統の味です。

そして薬味は粉山椒です。鰻の油こさと匂いを中和させ、旨さを引き立ててくれます。

これだけ手間暇をかけて作られた鰻丼ですので、食べ方には気おつけたいものです。最初から山椒をかけないで、先ずはそのまま食し本来の味を見極めて、改めて山椒をかけて食べるのがポイントです。

加えて左側から、蒲焼とご飯を一緒に、または交互にリズミカルに食べて下さいね。また丼は持てるようでしたら持って食べるのが基本です。
持ちにくいようでしたら、左手を丼に軽く添えると良いでしょう。

1人でもがつがつ食べないで、丁寧に食べて下さいね。

さらにお客様に出す場合は「割りばし」を添えて下さい。
鰻丼には敬意を添えて割りばしということになります。
何事にも清潔好きの日本人に割りばしは大変マッチしているということです。

次回はさらに格上の「鰻重」についてです。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

14

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1677《「葬儀」と「告別式」の意味と心得》

結婚式と披露宴は異なります。特に神前結婚式の場合は親族で行うものだと思います。そして、その後の披露宴は...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1676《二十四節気の一つ「小満」。難局に挑み人間力を磨こう》

春先によくみられる色ですが、萌え出る若葉の、やや黄色を帯びた鮮やかな色を萌黄色(もえぎいろ)と表現します。...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1675《通夜の心構え②》

通夜に出席するかどうかは、故人及び葬家との付き合いの関係で決めればいいでしょう。すでに触れましたが、通...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1674《通夜の心得①》

冠婚葬祭の儀式の中でも葬儀は結婚式のように、当事者が主体的に執り行うことはできません。ということは自分...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1673《通夜・葬儀・告別式の心得①「多死社会の現状と葬の捉え方》

【多死社会の現状と葬の捉え方】日本は世界屈指の長寿国になりました。経済が豊かになり栄養状態が良くなっ...

[ 弔事のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ