コラム

 公開日: 2016-07-28 

マナーうんちく話1272《「土用の丑の日」にはなぜ「鰻のかば焼き」を食べるの?》

梅雨で雨が続き湿気を帯びた衣類を虫干しする事を「土用干し」といいますが、今では「土用」といえば「土用の鰻」を思い浮かべる人も多いことでしょう。

年々「鰻の蒲焼」商戦も高まり、予約を取っている店も多くなりましたが、このような傾向は益々鰻の蒲焼ムードに拍車をかけそうです。
なんでも土用の丑の日には、一年の売り上げのうち3分の1を売り上げるとか・・・。

そこでこれから3回に渡り「鰻のかば焼き」のうんちくをお届けします。
話の種にして頂ければ嬉しいです。

ところで以前にも触れましたが、土用の期間の「丑の日」(平成28年は7月30日)に、夏バテ防止を目的に鰻を食べる習慣は、江戸時代のマルチ学者平賀源内の発案だとされています。

今もそうですが、料理屋などでは暑い時期と寒い時期は客足が遠のきます。
鰻屋もそうだったのでしょうね。
企業努力が求められます。

そこで鰻屋から「暑い時期に客を引き寄せる何か妙案はないか?」と相談を受けた平賀源内は、「今日は土用丑の日」と店頭に貼り紙を出すようアドバイスしました。それが受けて客がどんどん増えて、我も我もとなり現在に至ったようです。

江戸商人は勤勉で、常に商売と真摯に向かい合っていたようですが、販売戦略もすばらしいですね。

冬の寒い時期に保温や滋養のために猪や鹿などの獣肉を食すことを「薬食い」と称しますが、夏の暑い時期にスタミナアップのために鰻を食べることも大変理にかなっており感心させられます。

そういえば、七五三の日に境内に子連れの親子が沢山お参りするのを見て「千歳飴」を考案したのも、精米の過程で発生したクズ米を有効利用して「玄米茶」を発明したのも江戸商人だと言われています。

加えて、芝居小屋を営んでいた主人は、芝居見物とグルメをコラボレーとさせ「幕の内弁当」を販売して大儲けしました。

これが明治になり鉄道が開通すると「駅弁」に発達するわけですから、江戸の食文化は現代人に大きな影響を与えたといえます。
実は次回に取り上げる「鰻丼」もそうです。

次回は鰻丼の起源と食べ方、続いて「鰻重」について触れます。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

13

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1658《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食3」》

洋食はソースの種類が多く、しかもそれが誠に美味しいのが特徴ですが、前に頂いたフォークやナイフで次の料理を食...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1657《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食②」》

洋食を食べるときに使用するナイフ・フォーク・スプンは、総称して「カトラリー」と呼ばれます。英語では「cut...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1656《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食①」》

料亭や旅館などの和室で和食をいただく場合は、男性優位になるケースが多々ありますが、ホテルやレストランで洋食...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1655《なぜ一匹丸ごとの魚を食べるときにひっくり返してはいけないの?》

一匹丸ごとの魚、つまり尾頭がついたまま出された場合はそれなりのテクニックが必要です。昔からこのような魚...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1654《和食を食す際、なぜ「手盆(手皿)」はいけないの?》

マナーは心と形が大切ですが、「なぜこうなるの?」という合理的な理由が必ず存在します。その理由を正しく理解...

[ 和食テーブルマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ