コラム

 公開日: 2016-07-23 

マナーうんちく話1268《「箸」を右手で持つ理由とは》

突然ですが、箸を持つのは右手でしょうか?左手でしょうか?
では左手で箸を持つのをどう思いますか?

今まで左だったのを右に直した人は多いと思います。
しかし、右をあえて左に直した人は少ないでしょう。
ということは、箸はやはり右手で持つものなのでしょうか?

マナーや言葉遣いは時代と共に変わりますが、右が清浄で、左が不浄で不吉とされていた時代もあったようです。

だから食事を共にする人が左手で箸をもつと不快に思われるので、右手に持つように練習したのだと思います。
つまり自分のためではなく、他者に不快感を与えないためだということです。

但し、左手で箸を持つ人を見ても全然気にならない人も最近増えてきた感があります。感じ方は人それぞれでしょう。
例えば電車内でお化粧する人を見て、不快に思う人もいれば、微笑ましく思う人もいます。

加えて日本では昔から右と左では「左上位」です。(但し国際基準では右上位です)。また、神事におけるしめ縄も左に捲いていますね。

それでも箸使いは右手にこだわったほうがいいのでしょうか?

最近は権利・自由・自分らしさ・個性という言葉に重きが置かれているので、箸使いも右であろうと左であろうと、カラスの勝手と言われればそれまでですが・・・。しかし、右手が使えれば右手がお勧めです。

世界には色々な食法が有り、それぞれ独自の作法や文化が有りますが、和食には他でも見られないような豊かな精神文化が存在します。

稲作を中心とした農耕文化で栄えた日本人は、自然に寄り添い、自然と仲良く暮らし、神道を信仰していましたが、命を繋いでくれる穀物が豊作になるように、健康でいられるように、子孫が繁栄するようにと、なにかにつけ神事を執り行います。

その際、魚や野菜や果物をお供えするわけですが、神様にお供えする神聖な食べ物を手で直接掴むのは失礼だと考え、その橋渡しをしてくれる「箸」が生まれたとされています。

つまり箸は魂が宿る大変神聖な物なのです。
食前の「頂きます」の言葉に表現されているように、自分の命を長らえるために、食材の命を頂くわけですが、箸の役割は食材の命と自分の命の橋渡しです。

だから真摯な気持ちで食に向かい合うことが大切であり、正しく箸を持たなくてはいけないという考えがあります。

さらに前にも触れましたが「箸先5分、長くて1寸」といわれるように、箸先は口をつける部分だからなできる限り汚してはいけません。

だから「箸先を左に向け、箸置きの上に横一文字にして手前に置く」という決まりをつくりました。なぜ左かということは《マナーうんちく話1002「箸先はなぜ左に向けるの?」を参考にして下さい。

こうなると右手で持つのが一番合理的になります。
箸使いは「利き手」ではなくあえて「右手」ということになります。

箸使いのみならず、色々な儀式でも利き手ではなく右手と指定されていることは多々あります。

ちなみに所作で大切なのは粗相をしないことです。
箸先が左に向いている箸を、左手で使用すれば当然ちぐはぐになるでしょう。
だから右手で作法するわけですね。

このような理屈をキチンと理解して食事と常に真摯に向かい合い、丁寧に食事を取れば、それがすなわち身も心も美しい生き方に繋がると思うわけです。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

10

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1401《新人を活かし職場を元気にする、迎える側の技量と環境》

今まで新入社員(職員)を迎えるにあたりその心構えに触れてきましたが、新入社員の能力はさて置き、彼らをどのよ...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1410《あなたはどう思う?薄れゆく畳と日本人の感性》

約1100年前から畳の原料として使われている「イグサ」をご存知でしょうか?最近は生産農家が激減しているので...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1409《新人を快く受け入れ、職場を活性化する心構②》

【なにを、どのように教えるか】新人とは何もかも大きく異なるということを十分認識したうえで、あせらず、何を...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1408《新人を快く受け入れ、職場を活性化する心構え①》

【彼を知り 己を知れば 百戦危うからず】孫子の非常に有名な言葉ですが、先ずは相手の事、つまり新人をよく...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1407《新入社員・職員を活かすも殺すも先輩・上司次第①》

『梅一輪 一輪ほどの暖かさ』。今の時期に相応しい言葉ですが、松尾芭蕉の弟子である服部嵐雪(はっとりらんせ...

[ ビジネスマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ