コラム

 公開日: 2016-07-16 

マナーうんちく話1262《お世辞は言えて当たり前?》

物が豊かで平和で、民主主義が発達した今の日本では「権利」「自由」「個性」「自分らしさ」に重きが置かれています。

さらに、自分の意見をいかに主張出来るかも問われており、そのせいで「わしが」「私が」を連発して周囲の人に反感を買う人も珍しくありません。

聖徳太子が十七条の憲法の冒頭で「和を持って貴しとなす」と説いているように、日本人は「和の精神」を大切にしてきました。
そして自分を前に出すより、先ずは他者の存在を認め、敬意を払ったものです。

それは「話し言葉」にも表れています。
接客に携わっている方はおなじみだと思いますが、自分自身のことは「わしが」「私が」よりは、「私ども」「手前ども」と謙虚な表現をしています。

加えて、江戸時代の商人は「お世辞」を非常に大切にしたとか・・・。
つまり、挨拶はできて当たり前ですが、その後の言葉に、お世辞が加味されるかどうかが問われるということです。

ここでの「お世辞」は単に「おべっか」とか「ごますり」ではなく、挨拶のあとに、いかに「思いやりの言葉」が付け加えられるかです。

例えば「お早うございます」は言えて当たり前です。
この後に「今日も暑くなりそうですね」と、一言付け加えるとさらに良くなりますが、これで終わりではありません。

「その後お加減はいかがですか?」と、相手に対する思いやりの言葉が加えられます。

見えすぎたお世辞ではなく、相手のご機嫌を取り良い気分にさせる、比較的上級のコミュニケーションが要求されるということです。

このコラムでも依然触れましたが、江戸しぐさに「三つ心、六つ心、九つ言葉、十二文、十五理で末決まる」説かれています。

3歳までに人としての心の大切さを教え、6歳までには箸使いや履き物の脱ぎ方や揃え方等の基本的なマナー、そして9歳までにはコミュニケーションの取り方を教えています。

ちなみにコミュニケーションの取り方こそお世辞の心得で、商売を志す若者は寺子屋で一生懸命習ったとか。

これくらいしないと当時の商人は成功しなかったのでしょうか?
そういえば「番頭」になるまでにはかなり競争の原理が働いたそうですよ。
今も同じですが・・・。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

8

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1656《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食①」》

料亭や旅館などの和室で和食をいただく場合は、男性優位になるケースが多々ありますが、ホテルやレストランで洋食...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1655《なぜ一匹丸ごとの魚を食べるときにひっくり返してはいけないの?》

一匹丸ごとの魚、つまり尾頭がついたまま出された場合はそれなりのテクニックが必要です。昔からこのような魚...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1654《和食を食す際、なぜ「手盆(手皿)」はいけないの?》

マナーは心と形が大切ですが、「なぜこうなるの?」という合理的な理由が必ず存在します。その理由を正しく理解...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1653《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「和食②」》

【箸の知識とマナー】次に箸のマナーですが、箸をとるタイミングが大切です。主賓や上司が箸を持ったらそれに...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1652《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「和食①」》

春の語源の一つに「晴れる」が「はる」になった説がありますが、空が晴れ、太陽の光が穏やかな様子を「うららか」...

[ 和食テーブルマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ