コラム

 公開日: 2011-01-19  最終更新日: 2012-04-20

マナーうんちく話38≪お見合いの知識と意義≫


マナーうんちく話38《お見合いの知識と意義》

1月20日は二十四節季の一つ「大寒(だいかん)」ですね。
一年で一番寒い頃で、大寒の終わりは「節分」です。「寒げいこ」が行われたり、寒天、味噌、酒等寒気を利用した食物が仕込まれる時でもあります。
今朝(1月19日)の山陽新聞の朝刊(東備版)に、赤磐市で冬の風物詩、日蓮宗蓮現寺の「寒修行」の記事が掲載されていましたね。


さて、寒い時期、ハッピーな結婚で「心温まるホットなお話」の続きです。
よろしくお付き合いください。

「運命の人」との出会いは多種多様です。
ここでは、広義の意味における「お見合い」について触れてみます。
多くのカップルと触れてみて、また多くのお見合いをプロデュースした経験上、お伝えしたいメッセージが沢山あります。
「お見合いの知識と意義」「お見合いのマナー、準備・本番・終了まで」「成功するお見合いの秘訣」「交際相手とより親密になる方法」と続きますが、これらのことをしっかり認識いただき、実行していただいたら、ハッピーな結婚はとても身近になると思います。

結婚をおぼろげに意識している人から既婚の人まで、大変お役に立つと思います。

◆お見合いとは
友人、知人、親族、近所の人、上司、結婚サービス提供業者、仲人(世話人)など第三者の仲介により、結婚を前提として男女が対面することです。「恋愛苦手」「出会いがない」等の人にとっては大変合理的なシステムです。

そしてお見合いはあくまで結婚が前提ですから、互いに気に入ったら交際、結婚に至る可能性は高く、場合によっては結婚までの最短距離になります。さらにお見合いといえど、「出会いの場の一つ」ですから、これを機会に交際・恋愛に発展し、互いの合意により結婚に至るので、本質的には恋愛結婚と何らか変わらないと私は思っています。
「お見合い恋愛結婚」成る言葉が存在するのは、まさにそれですね。

最近では、民間企業や行政主催のパーティー形式による集団お見合いスタイル(合コンなど)が人気のようですが、実のところ、成果はどうでしょうか?
私は個人的には最初から1対1のお見合いがお勧めです。勿論人それぞれですが・・・

◆「恋愛結婚」と「見合い結婚」。どちらがいいの?
多くのカップルとの触れ合いの中では、まったく互角だったと思います。今では見合い結婚も恋愛結婚も、互いの合意によるものだからです。

ただ結婚に至るまでのプロセスとしては、「恋愛結婚のカップル」は、互いに気心は充分しれておりますが、両親の承諾を得るのに苦労した人も結構いたようでした。宗教、仕事、続柄、家柄、年齢、学歴、収入等の理由で猛反対されて苦労の末、一緒になったカップル、さらに一見不釣り合いのカップルも珍しくないです。

一方、「見合い結婚のカップル」は、周囲の人が承知のうえでの結婚だからほとんど反対されるケースはないです。当事者同士が結婚を前提とした交際を経てするので、比較的スムーズに至っています。
ただ、勧めてくれた人の言うままではなく、充分に交際期間をとり、しっかり観察し、あくまで自分自身の判断で決めることが大切です。返事を急かされても曖昧な結論は避けるべきです。
最初から生半可な気持ちでのお見合いは感心しません。

このように結婚の意志さえ明確だったら、たとえ自分の力だけでは出会えない人でも、信頼出来る人に委ねることによりハッピーな結婚ができるということです。お見合いの意義はまさにここにあります。
但し、折角の「出会いをモノにする力」が必要です。この件は後で詳しくお話します。

◆お見合いの歴史
江戸時代から戦前にかけて、結婚の7割はお見合い結婚だといわれております。一般庶民は比較的自由に恋愛し結婚できたようですが、武家階級やお金持ちの商人たちは、家の存続が必要になるので、家にふさわしい相手はお見合いで選ぶようになります。

ところで江戸時代のお見合いは、現在みたいに互いに茶でも飲みながら会話するのではなく、世話人が場所を選び女性をそこにつれて行き、その女性を男性が蔭ながら、顔立ち、スタイル、立ち居振る舞い等を観察(見合う)します。男性が女性を気に入れば、世話人に扇子を託します。その扇子(センス)を世話人が女性宅に届け、それを受け取ってもらえれば婚約成立です。

またお「見合い結婚」から「恋愛結婚」へとその割合が変わったのが1960年代末頃ですので、歴史的にはお見合い結婚が大きなウエイトを占めていたようですね。実はこの頃から離婚件数も徐々に増加傾向に転じました。離婚の原因は景気と大きな関係があるといわれておりますが、生活水準ははるかに今の方が高いですよね。
従って恋愛結婚=ハッピー結婚という図式は成立しない気がします。

また現在でも若い人は恋愛結婚希望者が多いようですが、30歳を超えたら男女ともこだわらない人が増えているようです。

さらに日本では、交際期間中に子どもができたら結婚するという「できちゃった婚」というとてもユニークな結婚スタイルがあるのは承知の通りです。
婚外子が50%を超えるフランスなどでは考えられないことでしょうが、お国柄でしょうか。
比較的若いカップル(10代後半から20代前半)が多いですが、若いだけに周囲の協力がなにより大切です。協力を惜しまず、皆で温かく見守ってあげて下さい。

◆お見合いを希望するに当たり
先ずは信頼出来る人にお願いするのが一番です。
「お願いする方」と「される方」に信頼関係が確立されていることが一番大切です。
ここが良くなかったら、後あとまで響きます。

日頃から付き合いのある、上司、友人は別として、例えば、親が知り合いの仲人(世話人)にお願いしたとします。親と仲人に信頼関係ができているか、先ずそこを確認して下さい。親は知り合いの紹介だと答えたら、知り合いとその仲人の信頼関係はどうかを問う必要があると思います。そして最終的には、その仲人と当事者であるあなたが、一度はお会いすることをお勧めします。その席で、あなたは仲人に自分の結婚観や相手に対する希望、さらに自己アピールをされたらよいと思います。ビジネスのプレゼンではないので、いいことも悪いことも包み隠さずが、大切です。

特に再婚希望の人は、離婚した理由、再婚を希望する理由を明確にすることが大切ですね。
ちなみに、私も再婚希望の方から依頼をたくさん受けましたが、必ず一人になった理由をお聞きします。かなりプライバシーに関与するようになりますので信頼関係が必要です。
それと共に仲人の人柄も観察して下さい。
このコミュニケーションはとても大事です。

仕事が忙しいので、全て親任せ、人任せでは感心しません。
現実は当事者より、親の方が真剣になっているケースが多いようです。本末転倒です。
お見合いの全体像を主体的に捉えて下さい。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1369《幸運を呼ぶ「運盛り」のお勧め》

国土の7割以上を山で覆われている日本では、四季折々の山の様子を人に例えて非常におおらかな表現をしています。...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1368《二十四節気の一つ「大雪」と「イルミネーション」》

最近公民館、女性大学、地域、教育委員会、諸団体等からの「年中行事」に関する講演依頼が増えてきました。10日は...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1367《大切にしたい服装のマナー》

「クールビズ」や「ウオームビズ」が浸透したせいで、服装もかなりカジュアルになり、個性が尊重されるようになり...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1366《子どもにマナーを教えることができますか?②》

この度文部科学省の問題行動調査で、全国の国公私立の小中高、特別支援学校において「いじめ」が224540件発...

[ 親に身につけていただきたいマナー ]

マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ