コラム

 公開日: 2016-07-03 

マナーうんちく話1250《人生が好転する美しい食べ方のマナー⑥「カトラリー」》

和食では「正しい箸使い」ですが、洋食では優雅に「カトラリー」が使いこなせるか否かが、美しい食べ方のポイントになります。

ちなみにナイフやフォークやスプンを総称して「カトラリー」と言います。
語源は「CUT」で切るという意味ですが、カトラリーの中で最初に登場したのがナイフだと言われています。

ところでカトラリーの使い方ですが、基本は右手にナイフ、左手にフォークです。右利き、左利きには関係ありません。

ナイフを使用する際は刃を下にして、人差し指を背に当てます。

フォークは先を下にして、人差し指で上から背を押さえて握ればいいでしょう。フォークで料理を固定し、ナイフで左から一口分切り分け、フォークで口に運びます。

美しい食べ方のポイントは、膝から先を使うことです。
加えて、姿勢を正し、口に運ぶことを心掛けて下さい。

そして、ナイフやフォークを使用する時には不要にカチカチと音を立てないでください。

さらに、フォークやナイフを持ったまま手ぶりや身ぶりを伴うことはお勧めできません。

ナイフの刃先を他者に向けないことも大切なマナーです。

ナプキンを使用する時にはフォークやナイフは皿の上において下さい。
飲み物を飲む時も同様です。

特に「食べる時」と「飲む時」を明確に分けることが大切です。
飲む時にはナイフとフォークを皿の上に「ハの字」において飲んで下さい。

また、スプンはスープを頂く時やソースを味わう時、加えてデザート専用の物がありますが、鉛筆を持つ時と同じ感覚で良いでしょう。

最後に洋食は慣れないせいもあり、何かと姿勢が悪くなりがちです。
常に姿勢を意識して、軽く肘を張るのがポイントです。
急にはできませんので、日頃から練習を重ねて下さい。
全ての面で好転するでしょう。

食事が終わればナイフとフォークを皿に揃えておきますが、くれぐれも刃先を内側、つまり手前に向けて下さいね。
フォークは背を下にします。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1562《どう違う?「水引」と「リボン」①》

お歳暮やクリスマスプレゼントに縁が深い人は多いと思います。恐らくお歳暮とクリスマスプレゼントの両方を、贈...

[ 冠婚葬祭のマナー ]

マナーうんちく話1561《どう違う?「お返し」と「内祝い」》

日本人は世界中の中でも贈り物をしたり、されたりするのが大変好きな国民のようですが、多くの人が贈り物をするお...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1560《七五三がテーマのわらべ歌と子育て》

「子どもは神の子」といわれていた時代、三歳、五歳の子供が成長すれば喜びも大きかったわけですが、七歳になれば...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1559《「千歳飴」誕生の物語。七五三に秘められた謎②》

「七五三」は「髪置き」「袴着」「帯解き」といった儀礼が、公家や武家のみならず、庶民の間でも行なわれていたよ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1558《正しく身に付けたい参拝の知識と作法②》

お賽銭の次は「鈴」を鳴らします。鈴を鳴らすことで神様におきて頂くわけです。神霊をお招きするということで...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ