コラム

2016-07-01

マナーうんちく話1248《これくらいは知っておきたい7月(文月)の歳時記》

今年も一年のうち半分が経過し後半戦に入るわけですが、いよいよ夏本番です。衣食住に暑さ対策を施しながら、身も心も元気でご活躍下さい。

そして7月の始めは、田植えを終える農作業の節目とされる頃です。

スーパーのチラシで「蛸」を眼にしますが、この時期に蛸を食べるのは、田植えをした稲が蛸の8本の足のように地面にしっかり根付くことを祈願するためです。

また、和風月名で7月は「文月」といいますが、これは七夕に由来します。
牽牛と織姫の二つの星に詩歌や作文を供えて、文章や文字の上達を祈ったわけです。

ところで四季が明確に分かれている日本では、6月になると涼しさが加味された衣装に衣替えするわけですが、さらに気温が増す7月には建具も夏用になります。

日本独特のユニークな風習ですが、和風建築では襖や障子から「葦戸(よしど)」に替わり、「すだれ」がおめみえするようになります。

冷房完備のマンションではあまり関係ないかもしれませんが、日本建築では夏は壁を少なくして風通しを良くすると共に、冬は冷たい風が吹き込まないような工夫があちらこちらにみえます。

時代の流れと共に、このような伝統的な佇まいが次第に失せてきた感がありますが、「時代の流れで仕方ない」だけでは済まされないような気もします・・・。

そして7月と言えば「土用」が挙げられます。
何度もこのコラムで触れましたが土用とは立春・立夏・立秋・立冬の前18日間を指しますが、最近では土用といえば立秋前のみを土用と呼び、「土用の鰻」に結びついています。

今年は7月19日が「土用入り」になります。

さらに7月になると「お中元」商戦が活気づきます。
最近では売る側の巧みな戦略も加わって何もかも早くなりましたが、季節の贈答にはやはり贈る「タイミング」が大切と考えます。

中国の3元(上元、中元、下元)の中の、7月15日の中元のしきたりが、日本のお盆の行事とコラボレーションして現在の形になりました。

だから贈るタイミングは地域にもよりますが、7月の始めから15日までがお勧めです。地域により8月15日の所もあるようです。

但しお中元を贈ればお歳暮も贈って下さい。
お中元、お歳暮いずれか一つだけの場合はお歳暮が優先です。

加えて最近では宅配便が発達していますが、お中元本来の目的は季節の挨拶です。

夏の暑い時期と、冬の寒い時期には、お世話になった人の所に出向き、相手の安否を伺う挨拶をしていたわけです。

その際、手ぶらでは行きにくいので手土産持参になるわけで、これがお中元と捉えたらいいでしょう

従ってできる限り手土産持参で訪問される事をお勧めします。
何でもかんでも贈ればいいモノではないということです。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1323《淡いを感じる10月の歳時記》

今年は9月の下旬まで残暑が続きましたが、10月の声を聞くと、暑さも和らぎ、天高く、何をするのも快適な季節に...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1322《品格が漂う「ありがとうしぐさ」》

電車にギリギリセーフで乗ったら「ヤレヤレ」と思いますが、御礼を言うことはあり得ないでしょう。しかしエレ...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1321《一人暮らしの親の葬儀の香典はどうする?》

最近よくあるケースですが、親が一人暮らしだった場合の葬儀で、子どもは香典をどのようにしたらいいのでしょうか...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1320《親の葬儀に子どもは香典を出す?出さない?》

最近セミナーや講演会終了後に、「葬儀」に関する質問が目立ってきた感が有ります。少子化と超高齢化は「少子...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1319《訪問先で出された茶菓は いただくか? 遠慮するか?》

他家や他社を訪問することは多々ありますが、「茶菓を振る舞われた時のいただき方」に迷うことが有ります。訪...

[ 訪問ともてなしのマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ