コラム

 公開日: 2016-06-25  最終更新日: 2016-06-26

マナーうんちく話1243《人生が好転する美しい食べ方のマナー②「食前・食後の挨拶」》

【大切にしたい食前・食後の挨拶】

日本には食前、食後に「いただきます」「ごちそう様」の美しい挨拶があります。

何度も触れましたが「いただきます」は魚や卵や動物や野菜等の食材に対する感謝の言葉です。

稲作を中心とした農耕文化で栄えた日本は、何事も米と密接な関係があります。
その昔、米が豊作になるように、神様のお好きな酒や魚介類や野菜などをお供えして神事を執り行います。

そして神事が終われば、お供えした食べ物を参加者が食すわけですが、神様にお供えした物をもらって食べるわけですから、「もらう」「食べる」の謙譲語である「いただく」になったのでしょうね。

一方「ごちそう様」は「ご馳走様」で、料理を作ってくれた人への感謝の言葉です。

走り回って食材を調達し、真心をこめてそれを調理してくれた人への感謝と尊敬の気持ちを込めて「様」をつけました。
昔は馬に乗って狩りをして食べ物を調達していたのでしょうね。

ところで、「いただきます」「ごちそう様」の言葉を発する時に「合掌」、つまり手を合わせますか?

ある調査によると「いただきます」「ごちそう様」の言葉と同時に合掌する人は約6割、言葉だけの人は3割で、残りの人はそのまま食べるそうです。

手を合わすことは神社やお寺にお参りする時にも行いますが、確かに心が清らかになりますね。

食前食後の挨拶をする際の合掌は「自分の命」と「食材の命」を合体するという意味ではないかと思います。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1564《あなたはいくつ当てはまる?「理想のいい夫婦像」とは》

例年より早く各地から雪の便りが届くようになりましたが、11月22日は二十四節気の一つ「小雪」です。平地でも...

[ 結婚のマナー ]

マナーうんちくばなし1563《どう違う「水引」と「リボン」②》

【水引の色】水引の色にはいろいろありますが、大きく分けて慶事用と弔事用になります。最も多いのは「赤と白...

[ 贈答のマナー ]

マナーうんちく話1562《どう違う?「水引」と「リボン」①》

お歳暮やクリスマスプレゼントに縁が深い人は多いと思います。恐らくお歳暮とクリスマスプレゼントの両方を、贈...

[ 冠婚葬祭のマナー ]

マナーうんちく話1561《どう違う?「お返し」と「内祝い」》

日本人は世界中の中でも贈り物をしたり、されたりするのが大変好きな国民のようですが、多くの人が贈り物をするお...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1560《七五三がテーマのわらべ歌と子育て》

「子どもは神の子」といわれていた時代、三歳、五歳の子供が成長すれば喜びも大きかったわけですが、七歳になれば...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ