コラム

 公開日: 2016-06-21 

マナーうんちく話1239《「夏至」と「うどん」》

6月21日は一年で一番昼が長い「夏至」ですが、全国的に雨模様ですから実感できそうもありませんね。
大雨にご注意ください。

ところで最近は、夏至と冬至には「キャンドルナイト」が流行っているようですが、電気を消し、天然の光で夏の短夜をゆっくりと過ごすのもお勧めです。

ちなみに冬至には「かぼちゃ」を食べますが、夏至には何を召し上がりますか?
これと言う食べ物は決まってないようですが、地域により様々な物が食されます。

例えば、植えたばかりの稲の苗がしっかり着くことを願って「蛸」を食べる所もあります。加えて「冬瓜」や、「水無月」という和菓子を食べる地域もあります。そして夏至と縁が深い食べ物が「うどん」ではないでしょうか?

【夏至にうどんを食べる理由】
田植えの最中の所では、多忙を極めます。
今でこそ大型機械化され、効率よく簡単に田植えが出来ますが、昔は大仕事です。だから手軽に食べられて、エネルギー源になり、しかも満足感が味わえるうどんが重宝されたようです。

【うどんの歴史的背景】
江戸時代には様々な文化が開花しますが、特に食文化は著しい発展を遂げ、現在の基盤になったものが多々あるようです。そして江戸っ子スタイルの食文化に大きな影響を受けたのが今の「和食」ではないでしょうか。

「初物」や「旬」を大切にしながら、穀物や魚や野菜の個性に寄り添い、それを上手に活かしてきた点は素晴らしいと思います。

また小麦やコメなどの粉を水で溶き、細長い棒状に仕立てた料理は、日本の「うどん」や「そば」に限らず世界中至る所に存在します。

現在の「うどん」は仏教と共に、奈良時代に日本に伝わったと言われる麺料理ですが、江戸幕府が開かれる頃になると「うどん」と呼ばれるようになり、広く一般庶民に普及したそうです。

【うどんとお菓子屋】
その当時は、今のようにうどんの専門店は有りません。
なんとお菓子屋さんがうどんも扱っていたとか・・・。

つまりお菓子作りのかたわら、片手間にうどんを作っていたとか・・・。
そういえば、「うどんあんみつ」「あげうどん」「きなこうどん」などの、うどん関連のお菓子は結構有りますね。

【薬より良く効くうどん】
この時期のうどんは単に美味しい食べ物というだけでなく、色々な効能があったようです。今のように薬に恵まれていない時代のことですから、病気の時には色々な物がためされたのでしょう。

《医者どのは 結句うどんで 引っかぶり》という川柳があります。

「風は膳の下をくぐる」と言われますが、今でもこの言葉は生きています。
つまり風を引いた時には、むやみやたらに薬に頼るのではなく、温かいうどんを食べてそのまま布団に入るということを、当時の医者が実行していたということですね。

患者に処方する風邪薬がいい加減なものなので、それをよく知っている医者は、自分が風邪を引いたら薬よりうどんに頼っていたのかもしれませんね。

次回はうどんの食べ方のマナーに触れてみます。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1528《365日を心豊かに彩る季節の言葉「秋の彼岸」》

9月の後半に入る頃になると暑さも落ち着きかなり過ごしやすくなり、「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉が実感できるよ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1527《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係②》

人がなくなると骨上げの際に箸を使用します。いろいろなやり方があるようですが、二人組んで行う場合が多いよう...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1526《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係①》

突然ですが、現在地球上に何人いるかご存知でしょうか?世界の総人口は現在約74億人です。地球上では、一...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1525《「すみません」は何度言えばいいの?》

台風の動向が気になりますが、空が澄んで星や月がきれいに見えますね。昔の人は、月の満ち欠けの形で農作業の目...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1524《美人は本当に薄命なの?》

只今二十四節気の「白露の頃」ですが、露に濡れて香り立つ草木からも、深まりゆく秋の気配が感じられます。秋...

[ マナーの心得 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ