コラム

 公開日: 2016-06-11 

マナーうんちく話1234《野菜の個性と美しい食べ方》

今の日本は年中野菜に恵まれていて旬がはっきりしないものが多いようですが、「ラッキョウ」や「梅」は旬が明確です。

ラッキョウはカレーのつけ野菜に重宝されますが、梅は熟れ具合によって用途は様々です。完熟して色づき、木から落ちる位になった梅は生でそのまま食べるのが一番でしょう。それより少し前の梅は梅干しに、まだ青い状態の者は梅酒に適しています。

特に梅干しは女性の「つわりの時の特効薬」や「疫病対策」として貴重品だったようですが、梅の漬物とは言わず、あえて梅干しと表現するのは「干す」と言う動作が加わるからです。

《梅干しは日向ぼっこで色が出来》という川柳もあります。

ところでこれから梅雨の恵みを受けて一気にトマト、胡瓜、茄子、おくら、かぼちゃ、ピーマン、とうもろこし、ゴーヤ等の夏野菜が成長しますが、それぞれかたち、色、かたさ、匂い、質感などにおいて特徴を備えております。

だから肉や魚を食べる時と同様、野菜を食す時にはその個性を正しく理解しておくことが大切です。

最近は益々野菜の種類も多くなり、市場には何百種類もの野菜が出回っていますが、今口にしている野菜はどんな野菜で、どんな個性を持っているのかを把握すれば、より食事が楽しくなります。

例えば一口に「トマト」と言っても日本だけでも120種くらい栽培されており、それぞれ個性があります。大きさもまちまちですが150g以上は大玉トマト、40gから150gまでは中玉、40g以下は小玉トマト、いわゆるミニトマトと分類されています。

「胡瓜」はイボがポイントです。白イボと黒いイボ、あるいはイボなしキュウリもあります。中国から日本に入ってきましたが、あまり評判がよくなく「にが味が強く、害多く能無し」と称された時代もあったとか・・・。
また世界一栄養価が無い果実だそうです。でもフルシーズン野菜サラダで大活躍です。

「なす」は奈良時代に日本に入ってきたと言われていますが、江戸時代には「初がつを」と対比される位人気があり、まさに夏野菜の代表格です。
姿かたちや色も色々ですが、原産地の東南アジアでは白や緑が一般的で、そのため英語ではeggplant(卵の植物)と表現されます。煮ても焼いても揚げても美味しく、品種の特徴に応じた調理を楽しみたいものです。

以上野菜の特性を理解することも大切ですが、「食べ方」にも工夫が必要です。

洋食では「野菜サラダ」を好まれる方も多いようですが、洋食は器を手で持ちません。だから非常に食べづらい思いをされた方も多いと思います。

まして様々な個性がある野菜ですから食べ方も色々です。
この時に美しく食べるポイントは、フォークのみならず、ナイフを上手に利用することです。

たとえば「ミニトマト」をフォークで突き刺して食べる時、フォークだけだったら上手にミニトマトは刺せません。しかしナイフで壁を作れば上手に刺せます。機会が有れば是非試して下さい。

また薄くて小さい野菜は、一枚ずつではなく何枚も重ねて厚みを作ればいいでしょう。ドレッシングもかけている時もあるし、別添えの場合もあります。
別添えの場合は、先に一口味を見て、それに応じて少しずつかけて食べて下さいね。先ずは「味見」がポイントです。

加えて和食の場合、箸で大根などを切る時には、箸を入れる順番を大切にして下さい。先に縦に切って、次に横に切ります。自分の口に合わせて一口サイズに切るのがいいでしょう。和食は切る順番が大切です。

レンコンやゴボウのように箸で切れない固い野菜は、そのままかじればいいですが、一度かじった野菜は器に戻さず、そのまま何口かに分けて食べきって下さい。概ね3口位がお勧めです。

加えて、ぬるぬるした掴み難い野菜は、器を傾けて、野菜を器のヘリに寄せて掴めばいいでしょう。この時なるべく「刺し箸」をしないよう注意して下さい。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1578《「形」より「心」!? 本当のマナー美人になるには・・・。》

マナーは時と場合により発揮の仕方は異なります。不易流行的側面もあります。だから様々な経験を経て、苦労し...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1577《勧善懲悪とマナー》

前回赤穂浪士に触れましたが、それに匹敵するくらいミリオンセラーになったのが水戸黄門ではないでしょうか。...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1576《歴史上の大事件の裏にはマナーが関わっていた(赤穂浪士の討ち入りとマナー

12月14日は日本人なら誰しも知っている歴史上の大事件が起きた日ですね。小説、浄瑠璃、映画、テレビでおなじみ...

[ 訪問ともてなしのマナー ]

マナーうんちく話1575《日本人なら知っておきたい年末の大切な歳時「正月事始め」》

今年は真冬になるのが早かった気がしますが、如何でしょうか。ところで最近、都会においても、猿や猪が出現して...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1574《忘年会での「無礼講」はどこまで許されるの?》

無礼講に関してはよく質問を受けるところですが、難しいところです。無礼講といった上司の本意が理解できれば、...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ