コラム

 公開日: 2016-06-10 

マナーうんちく話1233《梅雨入りの目安になる雑節「入梅」をご存知でしょうか?》

しっとりとした雨の風情にも慣れてきましたが、いかがお過ごしでしょうか?

梅雨は中国、韓国、北海道を除く日本等に見られる雨季ですが、良いこともあれば、悪いことも多々あります。

良いことは、なんと言っても命を繋ぐ水の確保です。
特に梅雨が終わり、盛夏期になった時の飲料水、生活用水、工業用水、農業用水の確保です。

悪いことは大水による自然災害です。
これからは頻繁に大雨注意報、大雨警報が発令されますが、洪水のみならず土砂災害等にも備えが必要になります。

降るべき時に、降るべきものが降らなければ、生活そのものに支障をきたしますが、降り過ぎても困ります。何事も程々が良いですね。

ところで6月10日は暦の上では「入梅」ですが、ご存知でしょうか?
只今梅雨の真最中ですが、暦の上では6月10日が梅雨に入る日です。

ちなみに「入梅」とは梅雨入りの頃に設けられた「雑節」の一つです。
昔の人は生活の基盤になる米づくりに非常に熱心に取り組みました。
そこで少しでも生産性を高めようと色々と工夫を凝らしますが、中でも田植えの時期を的確に把握することはとても大切なことです。

だからその日取りを決めるために、長年の経験から、二十四節季の「芒種」から数えて6日くらいたった日を「入梅」として暦に設けたわけです。

なお「雑節」とは、季節の移り変わりをより的確に把握するために、設けられた暦日だと認識すればいいでしょう。

二十四節季を補足するためのものと捉えて頂いても結構ですが、「入梅」の他に、お馴染みの雑節は「節分」「彼岸」「八十八夜」「土用」などがあります。

梅雨に関しては、すでにお話ししましたが、梅の実が熟す頃に降る雨だから「梅雨」と表現されました。しかし元は黴(かび)をもたらす雨の「黴雨」と言う説もあります。

ただ黴雨はイメージが良くないので梅雨になったわけですが、この時期、黴は避けては通れません。いずれにしても梅雨の主役は「梅」と「黴」だと言えるのではないでしょうか?

また梅雨の事を「栗花落」とも言います。

都会暮らしの人はピンと来ないかもしれませんが、山里で生活している人は「なるほど」と思われるかもしれませんね。

梅雨の時期の花として「露草」や「紫陽花」は有名ですが、ちょうどこの時期には「栗の花」が咲きます。あまり良い香りではありませんが・・・。

この栗の花が梅雨の長雨で散ってしまう、つまり花が落ちてしまうので「栗花落」となるわけです。

また、栗の花が咲き始めると梅雨入りを察したと言う説もあります。

よみかたは「つゆ」「つゆおち」「つゆり」「ついり」などいろいろあるようで、苗字にもありますがお菓子の名前にもなっています

先人は色々な方法で梅雨入りを感じ取っていたようですが、梅の実や栗の花が梅雨入りの大きな目安になったのでしょう。

目安になる花はまだあります。
先日テレビの天気予報で聞きましたが「梅雨葵」もその一つです。

正式には「立葵」と言いますが、この花は茎の下部から次第に上部へと花が咲きます。茎の下の花が咲き始めると「梅雨入り」になり、茎の天辺の花が咲けば「梅雨明け」です。

あの手、この手で梅雨入りを判断した先人の観察力には敬意を払いたいものです。そして、このようにして生まれた「勿体ない文化」に敬意を表したいと思います。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1562《どう違う?「水引」と「リボン」①》

お歳暮やクリスマスプレゼントに縁が深い人は多いと思います。恐らくお歳暮とクリスマスプレゼントの両方を、贈...

[ 冠婚葬祭のマナー ]

マナーうんちく話1561《どう違う?「お返し」と「内祝い」》

日本人は世界中の中でも贈り物をしたり、されたりするのが大変好きな国民のようですが、多くの人が贈り物をするお...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1560《七五三がテーマのわらべ歌と子育て》

「子どもは神の子」といわれていた時代、三歳、五歳の子供が成長すれば喜びも大きかったわけですが、七歳になれば...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1559《「千歳飴」誕生の物語。七五三に秘められた謎②》

「七五三」は「髪置き」「袴着」「帯解き」といった儀礼が、公家や武家のみならず、庶民の間でも行なわれていたよ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1558《正しく身に付けたい参拝の知識と作法②》

お賽銭の次は「鈴」を鳴らします。鈴を鳴らすことで神様におきて頂くわけです。神霊をお招きするということで...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ