コラム

 公開日: 2016-06-08 

マナーうんちく話1232《終わった後の食卓にはその人の品格が出る》

燕が子育てに忙しくなりましたが、燕が益鳥と呼ばれる所以は、稲や野菜に害を与える虫を食べてくれるからでしょう。

ところで農事の目安になる二十四節季をさらに三等分した、つまり一年を72にわけた「七十二候」では、只今「かまきり」が生まれる頃ですが、かまきりも稲や野菜には被害を及ぼさず、害虫だけを食べてくれるので益虫とよべるかもしれませんね。

そして梅雨の声を聞くようになると、市場には小梅がお目見えします。
梅は「春告げ花」として古来より日本人に愛されてきましたが、花を楽しみ、実を味わうことが出来る貴重な木です。

梅の実は生食にはあまり向いていないので、「梅干し」や「梅酒」に利用されますが、米と相性がよく日本人とは切っても切れない関係です。

また紅梅、黄梅、寒梅、観梅など梅に関する熟語や慣用句は沢山ありますが、「塩梅」という言葉も有名です。

本来は塩と梅酢のことで、それが料理の味付けの基本だから、料理の味加減を整える意味になり、次第に物事を調整するとともに、身体の具合を意味するようになりました。

現在の日本人は食べることにも大変恵まれており、美味しく、楽しく、贅沢に食を謳歌する事が出来る国になりました。
では、自分自身で総体的に「良い食事だった」と満足感を味わうことがどのくらいありますか?

つまり、食べる物や食べる環境が良かった食事のことで、自分も美味しく楽しく食べられて、同じ食卓を囲む人も同じように満足が味わえる食事です。

テーブルマナーに取り組んで40年近くになりますが、テーブルマナーと言えば「食べ方」すなわち、食べている時の姿をイメージする人が圧倒的に多いようですが、確かに食べる時の姿が美しいことも大切です。
しかし、食べ終わった時の状態はさらに大切です。

「終わりよければすべてよし」と言われますが、特に食べ終わった時の器やフォーク・ナイフ・スプン、あるいは箸には特に注意して下さい。

食べている時は、一皿食べ終わればすぐに器が下げられて、次の料理が運ばれてきますが、食事が終了した時の器やフォーク・ナイフや箸は長時間そのままになります。

食べ終わった状態が一番人目に触れるということです。
だから、食べ終わった後の印象がよければ、同席者やサービスを担当する人に好感を与えます。

具体的には、箸をキチンと箸置に揃えて置く、フォークやナイフの場合は刃先を手前にして揃える。さらに食べ残しをしない、器はなるべく綺麗な状態にしておく。特に一匹丸ごとの魚でしたら頭や骨は一ヵ所に纏める等です。懐紙の有効利用もお勧めです。箸やナプキンの汚れにも注意したいし、割れ箸はキチンと袋に入れる等です。

加えて、料理を作ってくれた人、サービスを担当した人には満身の笑顔で「ご馳走様」の挨拶をお忘れなく。

お金を払う時にも、その人の人柄がにじみ出ます。
笑顔で「美味しかった」「ご馳走様でした」の言葉を是非添えて下さい。
支払いの時は「機嫌良く」が鉄則です。

そしてなによりも「同席者」にもお礼の一言が必要です。
「○○さんと楽しく食卓が囲めて充実した時間が過ごせました」等の言葉が有れば最高です。

お開きは、デザートを食べ終わってから20分以内が目安になりますが、臨機応変にどうぞ。

カマキリは確かに益虫ですが、肉食性が非常に強く、雌が交尾中に雄を食べてしまうこともあるそうです。
何でもおいしければ食べてもいいのではなく、人間は食べるという行為に心の美しさを加味して「テーブルマナー」という文化を作りました。

そのテーブルマナーで特に大切にしていただきたい点が「立つ鳥跡を濁さず」です。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

10

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1364《日本人なら知っておきたい12月の歳時》

師走の声を聞くようになると、街行く人達の装いが急に真冬並みになり、木枯らしと共に「山装う頃」から一気に「山...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1363《美を磨くといいこといっぱいやってくる》

美しい物を観て気分が悪くなる人は殆どいないでしょう。人間は本能的に美しいものを好む習性が有るかもしれませ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1362《仕事やプライベートで不安が生じた時に考えていただきたいこと》

旧暦では10月の事を「小春」といいます。新暦では11月から12月の始め頃ですが、日頃の寒さが打って変わっ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1362《出会いを活かせる自信がありますか?》

11月7日の「立冬」から11月22日の「小雪」、さらに12月7日の「大雪」と気候が移ろっていくわけですが、...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ