コラム

 公開日: 2016-06-02 

マナーうんちく話1229《これくらいは知っておきたい「6月の歳時記」》

突然ですが質問です。
平安時代から日本人に愛されて来た、初夏から盛夏が旬の「和風ハーブ」をご存知でしょうか?

ちなみにハーブ(herb)の語源は、草や野草を意味するラテン語のヘルバ(herba)ですが、今では伝統的に薬草や香料や保存料として用いられる植物をさし、穀物や野菜や果物とは区別して用いられているようです。

またハーブは「香草」と呼ばれる場合も多いようですが、それは中世ヨーロッパでは香りが魔除けに役立つと信じられていたからでしょうか。
日本でも独特の臭いは邪気を払う効果があると信じられていましたね。

つまりハーブとは、その定義が非常に幅広く、簡単に纏めるのは難しそうですが、「生活に役立つ植物の総称」だと認識頂ければ良いと思います。

冒頭の答えは「紫蘇(しそ)」です。

冷やしそうめんや冷ややっこが美味しい季節になりますが、これから何かと重宝されます。殺菌作用や血行促進効果があるとされています。

毎年我が家の畑にもお目見えしますが、改めて種を蒔くまでもなく、昨年のこぼれ種のせいで、自然に時期が来れば生えてくれます。
トマトやゴーヤやカボチャもそうですが、特に紫蘇は繁殖力が強いような気がします。

そして最近ではあまり見かけなくなりましたが、麦の実りの季節です。
実りの季節は一般的には秋ですが、麦は冬に種を蒔いて丁度今頃が収穫期になりますから、麦にとっては今が実りの季節になるわけです。

そしてなんといっても、初夏の夜を美しく彩る風物詩として古くから慕われているのが「蛍」ではないでしょうか。

蛍と日本人の関わりは非常に古く、最初に蛍が文献に登場するのは日本書紀だといわれています。

大きい蛍が「源氏ボタル」、小さい蛍は「平家ボタル」といわれますが、平安末期の源平合戦に由来するそうです。

「蛍20日蝉3日」という言葉があります。
昔の人は蝉と蛍を儚い物の象徴としていたようですが、蛍は水が綺麗な所に生息するので、今では豊かな自然の象徴です。
私が住んでいる地域でも、毎年短い命を精一杯輝かせて楽しませてくれています。

「ホタル狩り」という言葉もあります。
華やかな春の「桜狩り」と異なり、梅雨時の湿った夜に淡い光を点滅させる蛍を眺めるのは、幾つ歳を重ねても、しんみりとした気分になるから不思議ですね。次世代にもぜひ残したい風情です。

またスーパーなどで「鮎」を見かけるようになりましたが、紫蘇やホタルと同じくらい日本人と鮎との関係も深いものがありますね。

そして「アユ」は色々な漢字が当たられています。
「鮎」は一定の縄張りを独占するから。
「香魚」は独特の臭いがするから。
さらに一年で一生を終えるから「年魚」の名前が付いています。

加えてアユは四季折々の季語を持つのも特徴です。
春は「若鮎」、夏は「鮎」、秋は「落ち鮎」、そして冬は「氷魚」です。

またアユは見るからに姿かたちが美しいので、神前に供える魚として重宝され、アユの語源は「饗(あえ)」に由来するという説もあるようです。

塩焼きが好まれますが、神様にお供えするような魚ですから、是非美しい食べ方を実践して下さい。

「マナーうんちく話《鮎の塩焼きの正しい?食べ方》」を参考にして下さいね。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

11

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちくばなし1563《どう違う「水引」と「リボン」②》

【水引の色】水引の色にはいろいろありますが、大きく分けて慶事用と弔事用になります。最も多いのは「赤と白...

[ 贈答のマナー ]

マナーうんちく話1562《どう違う?「水引」と「リボン」①》

お歳暮やクリスマスプレゼントに縁が深い人は多いと思います。恐らくお歳暮とクリスマスプレゼントの両方を、贈...

[ 冠婚葬祭のマナー ]

マナーうんちく話1561《どう違う?「お返し」と「内祝い」》

日本人は世界中の中でも贈り物をしたり、されたりするのが大変好きな国民のようですが、多くの人が贈り物をするお...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1560《七五三がテーマのわらべ歌と子育て》

「子どもは神の子」といわれていた時代、三歳、五歳の子供が成長すれば喜びも大きかったわけですが、七歳になれば...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1559《「千歳飴」誕生の物語。七五三に秘められた謎②》

「七五三」は「髪置き」「袴着」「帯解き」といった儀礼が、公家や武家のみならず、庶民の間でも行なわれていたよ...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ