コラム

2016-05-29

マナーうんちく話1226《なぜ、親子間でマナーが必要なのでしょうか?》

あなたにとって家庭とは何を意味しますか?

様々な思いがあると思います。
例えば、家庭は「自分を受け入れてくれる場所」「親子の団らんがある場所」「かけがえのない唯一の場所」等など・・・。

人は社会生活を営みますが、社会の最小単位は個人ではなく家庭です。
そして家族が生活を共有する場が家庭です。

また、家庭生活を楽しく円滑に営むためには、たとえ親子や兄弟であっても、それぞれが相手の事を理解し、尊重して生活しなければいけません。

さらに互いが最低限守らなければいけない決まり事も必要になってきます。
それが家庭におけるマナーであり、家庭において素敵なマナーを発揮し合うことにより、地域や学校や職場といった外の社会で役に立つことになります。

特に子どもは、家庭内の祖父母、父母、兄弟との関係を通じて、他者とのコミュニケーションの在り方を身に付けます。

学生時代はともかくとして、子どもが成長して社会に巣立つ時に、今まで経験したことのない複雑多様な人間関係の築き方を家庭生活の中で築くわけです。

従って、家族同士のコミュニケーションは英語や数学や国語の点は上がらないかもしれませんが、社会人になるに当たり非常に大切な要素を含んでいます。

学生の就職支援を始め、中高年齢者の再就職支援に長く関わっていますが、コミュニケーション力と家庭の在り方は非常に密接な関係があると感じています。

学生生活に比較して社会生活はその何倍もあります。
その社会生活において人間関係は非常に大切で避けて通れません。

その人間関係づくりの大きく寄与するのが家庭での団らんだと思います。
だから家庭におけるマナーやコミュニケーションが大切になるわけです。

毎日共に暮らす家族だからと言って、朝晩の基本的な挨拶は必要です。
加えて、何かをしてもらってもそれを当然だと受け止め、お礼の言葉が出ないようではよろしくありません。

家族だからこそ、「おはよう」や「ありがとう」や「ゴメンナサイ」の基本的な挨拶は、相手の目を見てキチンと発して頂きたいものです。

家族でご飯を食べる時は特に「いただきます」や「ご馳走様」の挨拶は勿論、姿勢を正し、美味しく楽しく食べて下さい。

お父さんは新聞を読みながら、子どもはスマートフォンを見ながらではよろしくありません。会話を楽しんで下さい。そのためには、顔を上げて食べること、そして料理を一口サイズ、つまり概ね3センチくらいの大きさを意識する事をお勧めします。

こどもはこのような環境の中で、美しい食べ方を身に付け、ひいては互いを尊重し、気持ちを伝えい、感謝することの大切さを身につけていくわけです。

また、家族間で「隠しごと」はよろしくありません。
団らんの条件は「思いやり」と「隠しごとをしない」ことです。

しかし、家族間でも互いのプライバシーは尊重しなければいけません。
例えば親でも子どもの部屋に入る時にはノックをする、物を借りる時はキチンと承諾を取り、返す時にはお礼の言葉を添えることは必要です。

マナーの根源を成すものは、相手に対する感謝や敬意や思いやりです。
家族間でマナーが必要な理由は、まさに相手をキチンと認め、互いが互いを尊重し合うことが大切だからです。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

10

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1323《淡いを感じる10月の歳時記》

今年は9月の下旬まで残暑が続きましたが、10月の声を聞くと、暑さも和らぎ、天高く、何をするのも快適な季節に...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1322《品格が漂う「ありがとうしぐさ」》

電車にギリギリセーフで乗ったら「ヤレヤレ」と思いますが、御礼を言うことはあり得ないでしょう。しかしエレ...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1321《一人暮らしの親の葬儀の香典はどうする?》

最近よくあるケースですが、親が一人暮らしだった場合の葬儀で、子どもは香典をどのようにしたらいいのでしょうか...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1320《親の葬儀に子どもは香典を出す?出さない?》

最近セミナーや講演会終了後に、「葬儀」に関する質問が目立ってきた感が有ります。少子化と超高齢化は「少子...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1319《訪問先で出された茶菓は いただくか? 遠慮するか?》

他家や他社を訪問することは多々ありますが、「茶菓を振る舞われた時のいただき方」に迷うことが有ります。訪...

[ 訪問ともてなしのマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ