コラム

 公開日: 2016-05-17 

マナーうんちく話1220《日本のマナーの成り立ち「公家有職」から「武家故実」まで》

今まで一口にマナーと言っても国々により表現方法が異なり、さらに時代の流れと共に変化すると申しましたが、実はそのような違いを超えて、普遍的であり共通なものがマナーの本質と言っていいと思います。

そこで、今回は大前提として「日本と西洋のマナー」の流れや違いなどに触れてみますので参考にして下さい。

【日本のマナーの成り立ち】
始めて成文化された日本のマナーといえば聖徳太子の「憲法十七条」及び「冠位十二階」と言えるでしょう。
そして諸外国でもそうですが、身分制度が存在していた時代はライフスタイルが身分により様々ですからマナーも複雑になります。

●「公家有職」と「武家故実」
憲法十七条や冠位十二階は、飛鳥時代に朝廷に勤務する官僚を対象にしていますが、当時のマナーは法律の様なもので、官僚たちの心構えについて説いています。当時のマナーは政治の根幹を成すものと考えられていたのでしょう。

そして貴族社会では「公家有職(くげゆうそく)」が存在していましたが、武士が台頭する頃には「武家故実(ぶけこじつ)」が成立します。

また天皇を中心とした貴族政権が繁栄すればするほど、貴族にはそれを維持する必要性が生じ、複雑多様なマナーが生まれるわけですが、これをキチンと伝えることが大切です。そこでマナーを伝える「有職」と言われる仕事が生じ、式典や儀礼等の専門家として位置づけられるようになります。この有職が貴族体制を維持したと思われます。

さらに時代が移り武士の台頭と共に「有職」に対するマナー、つまり質実剛健に重きを置いた「故実」が生まれました。その後「有職」と「故実」が合体して「有職故実」が生じて、公家と武家が絡み合ったマナーが確立されます。

●小笠原流礼法
室町時代になると足利義満により「小笠原流礼法」と「伊勢流礼法」が確立されますが、伊勢流は跡継ぎがいなかったため、小笠原流礼法のみが現在へと受け継がれてきました。

江戸時代になると平和な時代が長く続くようになり、マナーの存在意義も平和な社会を維持するためのものになり、武家のみならず一般庶民にも広まっていくようになります。「衣食足りて礼節を知る」と言う言葉がありますが、平和が長く続くと多彩な文化が生まれ生活もかなり楽になります。一般庶民も衣食住が安定すると次第にマナーに関心を寄せるようになるわけですね。そうなると町人にマナーを教授する職業人も出てきます。

●江戸時代のマナーの特徴

江戸時代に確立されたマナーの特徴は、権力者の体制維持にとても役に立っていますが、士農工商の身分制度の上に成り立っていたということと、男性優位であった点が大きな特徴と言えるでしょう。加えて平和な社会背景のもとで生まれたことも西洋とは大きく異なっています。

特に男尊女卑的性格が濃厚で、一家の主人としての家長は絶対権限を有し、年中行事を初め婚礼、葬儀、食事などほぼすべての面において男性優位であったようです。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1678《これくらいは心得ておきたい「香典」の意味とマナー》

香典とは、本来死者に手向ける香の代金です。昔は香や野菜や供物を供したものですが、それがやがて現金を包む...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1677《「葬儀」と「告別式」の意味と心得》

結婚式と披露宴は異なります。特に神前結婚式の場合は親族で行うものだと思います。そして、その後の披露宴は...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1676《二十四節気の一つ「小満」。難局に挑み人間力を磨こう》

春先によくみられる色ですが、萌え出る若葉の、やや黄色を帯びた鮮やかな色を萌黄色(もえぎいろ)と表現します。...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1675《通夜の心構え②》

通夜に出席するかどうかは、故人及び葬家との付き合いの関係で決めればいいでしょう。すでに触れましたが、通...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1674《通夜の心得①》

冠婚葬祭の儀式の中でも葬儀は結婚式のように、当事者が主体的に執り行うことはできません。ということは自分...

[ 弔事のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ