コラム

 公開日: 2016-05-04 

まなーうんちく話1214《鯉が滝を登って竜になる》

5月5日は「こどもの日」でもあり、男の子のお祭り「端午の節句」でもありますが、端午の節句は邪気を払い健康を祈る行事です。

では、なぜ邪気を払うのか?
疑問に思ったことはありませんか?

古代中国のしきたりですが、5月は物忌みの月とされていました。
ちなみに「物忌み」とは、ある期間中に、ある行為を控えて穢れを避けることです。

肉やニンニクのように強烈なにおいのする食べ物を避け、心身の穢れを除くわけです。

その物忌みの月の5日ですから、5が重なるので特別な日と考えられており、様々な邪気を払う行事が行われていたようです。

そしてこの行事が奈良時代に日本に入って来て、ヨモギや菖蒲で厄除けをする習わしが出来たようです。
当時ヨモギや菖蒲は薬草で魔除けの植物と信じられていたのでしょう。

それが鎌倉時代になると「菖蒲」が「尚武」に転じ、江戸時代になって、男の子の立身出世を祈願する行事として定着しました。

今では、「尚武」「勝負」という言葉に通じるので、風呂に菖蒲を入れて子どもの健やかな成長を祈るわけですね。

さらに、男の子が強く逞しく育つことを願って、部屋の中では、魔を退散させる「5月人形」や「桃太郎人形」や「金太郎人形」等を飾ります。

また屋外では「鯉のぼり」を泳がせます。
鯉のぼりが悠々と青空に泳ぐ姿は平和そのものですが、こちらももとは中国の故事にちなんでいます。

黄河上流の「竜門の滝」と呼ばれる急流を登り切った鯉は「竜」になるという中国の伝説ですが、勢いが良いことのたとえとして使用されます。

「鯉の滝登り」と言う言葉もあります。

5月5日に、菖蒲湯に浸かるのは魔除けの意味が込められており、5月人形や金太郎を飾るのは悪魔を退治し、鯉のぼりを泳がせるのは立身出背の願いが込められているということです。

前回お話しした「ちまき」や「柏餅」も同様ですが、親が子に注ぐ愛情や期待は古今東西かわりませんね。

こどもに立身出世して欲しいと望むか、思いやりのある子に育ってほしいと望むかはそれぞれでしょうが、幼い時から受験勉強に明け暮れるのは少しかわいそうな気もしますが如何でしょうか?

親の願いとはかけ離れて、日本の子どもは世界屈指のストレスを抱えていると言われています。こどもの日にはこのような現状を大人がしっかり考える必要があると思うのですが・・・。


そして、子どもが心身とも健やかに成長して「思いやり」のある子に育つには、幼い時から基本的なマナーをキチンと家庭で教えることが大切です。

これが親が、子に与える最高の贈り物だと思います。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

8

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1679《法要の心得》

法要は「法事」ともいいます。死者の冥福を祈り、その霊を慰めるために命日に行う儀式です。ちなみに死後の...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1678《これくらいは心得ておきたい「香典」の意味とマナー》

香典とは、本来死者に手向ける香の代金です。昔は香や野菜や供物を供したものですが、それがやがて現金を包む...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1677《「葬儀」と「告別式」の意味と心得》

結婚式と披露宴は異なります。特に神前結婚式の場合は親族で行うものだと思います。そして、その後の披露宴は...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1676《二十四節気の一つ「小満」。難局に挑み人間力を磨こう》

春先によくみられる色ですが、萌え出る若葉の、やや黄色を帯びた鮮やかな色を萌黄色(もえぎいろ)と表現します。...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1675《通夜の心構え②》

通夜に出席するかどうかは、故人及び葬家との付き合いの関係で決めればいいでしょう。すでに触れましたが、通...

[ 弔事のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ