コラム

2016-04-24

マナーうんちく話1207《あたくは大丈夫?「報・連・相」の必要性とポイント①》

【「報・連・相」の知識と必要性】

野菜作りにとって霜は大敵ですが、この時期になると晩春の暖かさで、ようやく霜が降りなくなりほっとします。

そしてホームセンターなどでもトマト、ピーマン、キュウリ、カボチャ、ナスビなどの夏野菜の苗が沢山見られるようになります。

しかし油断大敵です。
昔から「八十八夜の忘れ霜」と言う言葉があり、ゴールデンウィーク頃でも急に気温が低下して、霜が降りることもありますので、天気予報には注意が必要です。

ところで、四月も下旬を迎え、職場の人間関係もそろそろ和む時期ですが、おたくの家庭や地域や職場では「報・連・相」がスムーズにいっていますでしょうか?

「報・連・相」はご承知の通り、「報告」「連絡」「相談」を、解りやすく野菜の「ホウレンソウ」にかけた略語で、人生でもビジネスシーンでもとても大切だとされています。

特に社会人は、報・連・相が有効に機能しないと、様々な問題が生じると共に人間関係が悪化する恐れがあります。

中でもまだ知識やスキルの乏しい新人は、自分ひとりで仕事を進めると、判断ミスなどを引き起こしトラブルの原因になりかねません。

常に先輩や上司に相談したり聞いたりすると同時に、仕事の経過や結果を報告することが大切です。必要に応じて連絡することも大切ですね。

家庭でも、地域でも、職場でも大なり小なり一つのチームです。
従って報・連・相で情報共有して、チームの力を最大限に高めることが求められるわけですね。

だから殆どのマナー&ビジネスマナー教本にも掲載されていますし、新入社員研修会では、必ずと言っていいほど取り上げられます。

私も再就職支援や社員・職員研修会を始め、地域創生講座等の多くの講座で詳しく触れておりますが、意外に「なぜ必要なのか?」、あるいは具体的に「どのようにしたらよいのか?」解らない人が多いようです。

そこで改めて、なぜ報・連・相は大事なのか?ということと、そのポイントに触れておきます。是非参考にして下さい。

【報・連・相の必要性】
○報・連・相が上手に機能することで、チームの一体感が生じ、仕事がしやすくなります。聖徳太子の「和をもって貴しとなす」の言葉は現在も脈々と職場や地域で受け継がれています。つまり仕事は和が大切ということです。

○常に情報が共有出来ます。
チームで仕事をする時には、それぞれの仕事の内容や進捗状況を皆が把握することが大切です。特に上司は部下の仕事の状況は正確に把握しておかなければいけません。そこで報・連・相がスムーズに行われていればチーム全員が情報を共有でき、仕事もスムーズに進行します。

○報・連・相が機能することで迅速な対応が出来ます。
報・連・相がスムーズに行われていれば、どこかでトラブルが生じた時でも、全て把握できるので、一旦中止するべきか、修正や改善すべきか等の適切な判断が出来、トラブルを最小限にとどめることができます、

○逆に報・連・相がスムーズにできなかったらビジネスマン、社会人としての評価が下がります。
報・連・相はよりよい人間関係を築く上での基本です。だからこれが上手に発揮できなければ、社会人としての信用が無くなり、あらゆる面で評価が下がるでしょう。

次回は報・連・相のポイントに触れます。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

8

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1321《一人暮らしの親の葬儀の香典はどうする?》

最近よくあるケースですが、親が一人暮らしだった場合の葬儀で、子どもは香典をどのようにしたらいいのでしょうか...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1320《親の葬儀に子どもは香典を出す?出さない?》

最近セミナーや講演会終了後に、「葬儀」に関する質問が目立ってきた感が有ります。少子化と超高齢化は「少子...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1319《訪問先で出された茶菓は いただくか? 遠慮するか?》

他家や他社を訪問することは多々ありますが、「茶菓を振る舞われた時のいただき方」に迷うことが有ります。訪...

[ 訪問ともてなしのマナー ]

マナーうんちく話1318《物を贈るか?現金を贈るか?それとも・・・》

贈り物をする時は心を込めて贈ることが大切ですが、「品物」を贈るか、あるいは「現金」の方がいいのか迷うことも...

[ 贈答のマナー ]

マナーうんちく話1317《あわれ秋風よ 情けあらば伝えてよ…》

「味覚の秋」を迎え美味しいものに目移りがする時期になりました。しかしなんといってもお手頃価格で美味しくて...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ