コラム

2016-04-21

マナーうんちく話1205《自然の猛威と「自助」「共助」「公助」の概念②》

大災害が発生したら一刻を争うことになります。
しかし自衛隊や警察や消防隊などは大きな力を発揮してくれますが、すぐに駆けつけてくれません。
到着するまでかなり時間を要するということです。

だから前回触れました、自分で自分を守る「自助」が必要なのですが、自分ひとりの力や家族の力は限られています。

出来る限りのことをしたら、今度は町内会や地域全体で支え合う必要があります。これが「共助」の精神です。

特に最近では各地で防災意識も高まり、町内会や地域のコミュニティー等で防災に関するセミナーや訓練が実施されたり、防災グッズをとりと添えたり、防災マップを作製したりしています。

日頃からこれらに関心を寄せ、積極的に参加し行動を共にすることが大切です。
必要に応じて役員を引き受けるのもお勧めです。

地域コミュニティーが有効に機能して、災害時に備えて避難訓練や避難所を運営するなど様々な活動を展開するなど、日頃の積み重ねが、いざという時に大切だと言うことです。

そして、その大前提になるのが日頃の《地域での人間関係》です。
特に家族と共に、向う3軒両隣の良好な人間関係は必要不可欠です。

日本は超高齢社会を迎えているので、高齢者の存在はどこの地域でも例外ではありません。

足腰が弱って機敏な行動がとれない、寝たきりになっている、認知症を患っている人も近くに沢山います。

いざという時にはそのような人を最優先しなくてはいけないので、日頃から状況を正しく把握する必要があります。

最近ではそれに関連したマップを作っている地域も多いようですが、それと同時に人間関係の構築が必要だと痛感します。

また、個人情報保護法があるからと言って、かたくなに自分を閉じ込めるのではなく、必要な情報はなるべくオープンにして、いざという時には「助けて下さい」とお願いする勇気も必要です。

日本人は思いやりがあり優しい人が多いので、眼の前に困っている人がいれば、ほとんどの人は救いの手を差し伸べてくれます。

しかし、自分が困った時に「助けて」と言える人は少ないのが現状でしょう。

だから、家族や地域の人とは日頃から声を掛け合い、良好な人間関係を構築しておくことです。
これが、「支え合い」や「思いやり」の精神ではないでしょうか?

ちなみに、大災害時に倒壊した家や家具の下敷きになって閉じ込められ、助けられたた人の約8割は、近所の人に助けられたというデータもあります。

規模が大きすぎて自衛隊などの力を借りなければいけない場合は別として、とりあえず一刻を争う時は自助と共助です。

勿論、国や地方公共団体等が国民や住民の命や財産を守るのは大きな任務の一つです。災害に備えて大掛かりな防災工事を行ったり、大規模な避難計画を立てたり、訓練を実施します。

このような事前事後の公的な対応を「公助」といいます。
つまり公助とは、行政による支援や救助のことです。

なにはさておき、災害時には「自助」と「共助」と「公助」が上手に連携できればいいですね。

加えて、自然は人間の思い通りにはいかないので、あらゆる角度から備えをしておくことではないでしょうか?

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1322《品格が漂う「ありがとうしぐさ」》

電車にギリギリセーフで乗ったら「ヤレヤレ」と思いますが、御礼を言うことはあり得ないでしょう。しかしエレ...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1321《一人暮らしの親の葬儀の香典はどうする?》

最近よくあるケースですが、親が一人暮らしだった場合の葬儀で、子どもは香典をどのようにしたらいいのでしょうか...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1320《親の葬儀に子どもは香典を出す?出さない?》

最近セミナーや講演会終了後に、「葬儀」に関する質問が目立ってきた感が有ります。少子化と超高齢化は「少子...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1319《訪問先で出された茶菓は いただくか? 遠慮するか?》

他家や他社を訪問することは多々ありますが、「茶菓を振る舞われた時のいただき方」に迷うことが有ります。訪...

[ 訪問ともてなしのマナー ]

マナーうんちく話1318《物を贈るか?現金を贈るか?それとも・・・》

贈り物をする時は心を込めて贈ることが大切ですが、「品物」を贈るか、あるいは「現金」の方がいいのか迷うことも...

[ 贈答のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ