コラム

 公開日: 2016-04-17 

マナーうんちく話1203《大切にしたい自然と旬の感覚》

先週「初物」に触れましたので、今回は「旬の物」を取り上げてみます。

初物に比べ、収穫期や漁獲期に達した野菜や魚は味もよくなり、栄養価も高くなります。

初物に比べ珍しさはなくなりますが大量にとれますので、値段も手ごろになります。魅力的要素が揃うことですが、これがいわゆる「旬の物」です。

旬の食材には、その食材の本来の風味や味があり、季節感を楽しむことが出来ます。だから、料理に旬の物を積極的に取り入れるのは味、栄養価、見栄え、経済性等誠に理にかなっています。

ちなみに、初物は「旬の物」より前になりますが、旬を過ぎれば「旬はずれ」と呼ばれます。

旬の前の「初物」、旬の「出盛り」、旬の「はずれ」を大切にしながら、季節の移ろいを楽しむのも心豊かな暮らしです。
但し大体それぞれ2週間位ですから、期間にすれば6週間位に限定されます。

しかし今の日本では現実的にはかなり矛盾が多いようです。
食料自給率は低いのですが、金にものを言わせ多くの食材を輸入しています。だから一年中何でも食べられます。

加えて、何でも商業的に盛り上げてしまう力を持っています。
なにかあれば「○○フェア」とか「△△祭り」等のイベントを展開します。

例えば「イチゴフェア」もそうですね。
確かに美しくて見栄えが良く、食欲をそそります。
しかし土の匂いや太陽の味はあまりしないですね。

私は自分で野菜を作っていますので良く解りますが、採れたての野菜は独特の匂いや味があります。

往往にして、外食の時には、みかけはいいけど、それがあまり感じられません。
つまり見かけだけの贅沢と言うことでしょうか。

外国では日本のように年中何でも食べることはできません。
その季節にとれたものを食べるのが当たり前です。
昔の日本もそうでした。
季節は限定されますが、理想的に食することが出来ます。

「フルシーズン食べられるが見かけ倒し」が良いのか?
季節は限定されるが理想的に食べられるのが良いのか?
それぞれ一長一短ありますが、出来れば旬を意識し、楽しみたいものですね。

旬はその地域により当然異なりますが、旬を楽しむことが出来れば、「自然を大切にしなくては」と考えるようになります。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1394《厳寒の中のぬくもり!苦労を経験すればするほど人は磨かれる》

この冬最大級の冬将軍が居座っていますが1月20日は二十四節季の一つ「大寒」で、一年で最も寒い時期です。ま...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1393《「お名前頂戴できますか?」。この言いどう思いますか》

「類は友を呼ぶ」といわれます。そして良縁はさらに良縁を産みます。良い人間関係、良い本、良い音楽、心地...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1392《寒い時期、心が温かくなる季節の言葉「木守柿」》

「生きることは食べること」といわれるように、食べるという行為は生きていく上で必要不可欠です。だから食べ...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1391《年中行事に込められた思い!小正月と小豆粥》

睦月も半ばを迎えましたが、元日にお迎えした歳神様が「三が日」「松の内」「七草粥」を経て次第に人家から遠のか...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1390《食べ物にも思いやりを!復活させたい「勿体ない精神」》

突然ですが、世界中に「日本食」とされる飲食店が幾つあるかご存知でしょうか?農林水産省の調べでは約886...

[ 和食テーブルマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ