コラム

 公開日: 2016-03-26 

マナーうんちく話1192《「桜初開」頃、「桜の日」をご存知でしょうか?》

《世の中に たえて桜の なかりせば 春の心は のどけからまし》(在原業平)

桜が美しく咲けば咲いたで、散るのが心配だ
この世の中に桜の花が無ければ春の気持ちはもっとのどかでいられるのに・・・。

桜前線が気になる頃ですが、晴れの国岡山では3月26日(土)から「岡山さくらカーニバル」が開幕します。

寒の戻りで、桜が足踏みしており、開花宣言には至りませんが、いよいよ春本番と言ったところでしょうか。

「花は桜木、人は武士」と言われるように、日本人と桜は切っても切れない関係ですが、ハイテクを駆使した娯楽が全盛の今でも、昔ながらの「花見」は健在ですね。

むしろ現在の方が、昔よりより敏感になっている気がします。
源氏物語の「花の宴」や、豊臣秀吉が催した盛大な「花見」は有名ですが、現代人も負けてはいません。

たとえば、現代人は近代科学を駆使して、昭和26年に気象庁が「桜の開花予報」を発表し、平成22年から民間業者がこれを受け継いでいます。

予め指標として定めた標本木の桜のつぼみが、5輪から6輪咲いたら「開花宣言」を行い、以後「3分咲き」「5分咲き」「7分咲き」、そして80パーセント以上咲いたら「満開」、さらに「散り始め」などと刻一刻、桜の開花の状況を報じてくれます。

恐らく世界でもあまり例がないことではないでしょうか。

加えて平成4年には、「日本さくらの会」が3月27日を「桜の日」と定めました。

日本の歴史や文化、気候風土と深くかかわってきた桜を通じ、日本の自然や文化について関心を深める目的ですが、多くの日本人に是非知って頂きたい記念日だと思います。

日本の四季の美しさは世界的に有名ですが、春夏秋冬といった四季だけではなく、24の「気」という季節つまり「二十四節季」と、それを三等分にした72の「候」と言う季節つまり「七十二候」があります。

明治の初めまでは日本の暦は旧暦だったわけですが、旧暦を基準に生活していた頃は、このような季節の移ろいを非常に繊細に感じ取って暮らしていたわけです。

その七十二候では3月26日から30日頃までが「桜始開(さくらはじめてひらく)」頃です。

そして語呂合わせもいいですね。
3(サ)×9(クラ)=27

「桜の日」が3月27日になった理由がお解りいただけたと思いますが、実はこの「サ」は実は米を主食にしている、日本人にとって大変なじみの深い神様なのです。

これを知れば花見がより楽しくなります。
詳しくは次回をお楽しみに。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

10

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1562《どう違う?「水引」と「リボン」①》

お歳暮やクリスマスプレゼントに縁が深い人は多いと思います。恐らくお歳暮とクリスマスプレゼントの両方を、贈...

[ 冠婚葬祭のマナー ]

マナーうんちく話1561《どう違う?「お返し」と「内祝い」》

日本人は世界中の中でも贈り物をしたり、されたりするのが大変好きな国民のようですが、多くの人が贈り物をするお...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1560《七五三がテーマのわらべ歌と子育て》

「子どもは神の子」といわれていた時代、三歳、五歳の子供が成長すれば喜びも大きかったわけですが、七歳になれば...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1559《「千歳飴」誕生の物語。七五三に秘められた謎②》

「七五三」は「髪置き」「袴着」「帯解き」といった儀礼が、公家や武家のみならず、庶民の間でも行なわれていたよ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1558《正しく身に付けたい参拝の知識と作法②》

お賽銭の次は「鈴」を鳴らします。鈴を鳴らすことで神様におきて頂くわけです。神霊をお招きするということで...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ