コラム

 公開日: 2016-03-19 

マナーうんちく話1187《心の種蒔きと美しい所作》

彼岸入りしたせいか、急に昼が長くなった気がしますが、如何でしょうか?

昔から「暑さ寒さも彼岸まで」と言われますが、百姓仕事に携わっている者にとっては、この日は大切な節目になります。

特に春の彼岸は、この時期から次第に暖かくなり、過ごしやすくなるので色々な野菜の種を蒔くわけです。

野菜作りと太陽の運行、つまり日照時間は切っても切れない関係がありますが、彼岸はその大きな節目になるわけですね。

さらに心情的にも大きく異なってきます。
暗くて寒い冬から、明るく暖かい日に移行するわけですから、兎に角前向きになれます。
「さあ、頑張るぞ!」ですね・・・。

ところで日本は四季が明確に分かれているせいか、季節の節目に関する伝統行事が非常に沢山あります。
恐らく世界屈指の数でしょう。

その典型的なものがお彼岸、つまり春分と秋分ではないでしょうか。
そしてこれには、長い歴史や文化を背景にした様々な意味が存在します。

前に触れましたように、昔はご先祖様が住んでいる浄土は真西に存在すると考えられており、太陽が真西に沈むお彼岸が、浄土に一番近くなるのでお墓参りするわけです。

伝統行事をこのように捉えてみると、心が豊かになります。
まして日本は神様(神道)仏様(仏教)の国ですから、なおさらです。

お墓に行って墓前に手を合わせるのは、ある意味では、ご先祖様に感謝するとともに、さらに気持ちを新たにして、これからの人生を真摯に生きて行こうとする美しい「所作」に他なりません。

人生は全て順風満帆とはいきません。
日頃からストレスがたまっている人も多いでしょう。
不平や不満もあってしかりです。
良いことより、悪いことが多い人の方が多いかもしれません。

このような事をきれいさっぱりぬぐい落して、身も心も清めて、新たな気分で出直したいと思うことが多いのが人の常でしょう。

そのきっかけになるのが、お彼岸だと思います。
「心がリセットできる日」と捉えるのもいいかもしれませんね。

そして幸せの芽を芽吹かすために、心の種まきをするのもお勧めです。
色々と思うことがあっても、蒔かぬ種は生えません。

季節の節目も人生の節目も、節目は全ての物を生き生きとさせてくれます。
だから節目を上手に、そして大切にする生き方は素敵です。

新年度は普通4月からですが、お彼岸を境に何かを始めるのもお勧めです。
昼の長さがこの日から長くなるわけですから・・・。

草木の芽吹きと太陽のエネルギーを体いっぱいに感じながら、新たな試みを是非どうぞ・・・。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1485《物の豊かさから心の豊かさを「精神的成長」のお勧め》

日本はここ半世紀の間物質的には大変豊かになりました。衣食住においても世界屈指と言えるでしょう。勿論とて...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1484《本当に品の良い人とはどんな人なの?》

そこにその人がいるだけで場が明るくなったり安らいだり・・・。そんな光景を長年ホテルでの接客の仕事を通じて...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1483《「親孝行。したい時には親はなし」。親孝行のお勧め》

世話になった人や周囲の大切な人に対して「ありがとう」の気持ちを表現する事はとても大切だと思います。伴侶に...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1483《6月21日は夏至。夏の「短夜」をどのように過ごしますか?》

6月は旧暦では「水無月」と呼びますが、この時期になると日本では北海道を除き全国的に一年で最も雨が多い時です...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1482《打ち合わせ中に携帯電話が鳴った。どうする?》

今や公私とも携帯電話を持ち歩かない人は珍しいでしょう。携帯している以上所かまわずかかってきます。掛け...

[ ビジネスマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ