コラム

 公開日: 2016-03-11 

マナーうんちく話1179《感動を呼ぶ去り際の挨拶》

爽やかな風がそよぐ春の訪れは「別れ」と「出会い」の季節でもあり、あちこちで様々な物語が展開されます。

特に職場では年度末になり、異動や退職が集中する時期です。
そこで、送る方も、送られる方も「去り際」を美しく飾るための挨拶に触れておきます。

【聞き手に感動を与える「送られる側」の挨拶】

33年間ホテルの現場第一線で、「送別会」や「お別れの会」等、数えきれない位の挨拶を聞いてきましたが、聞き手に感動与えるスピーチとはひとえに、話し手の人柄から発信される「心温まるスピーチ」だと痛感しました。

美辞麗句や慣用句を並びたてた言葉ではなく、話し手からほとばしる「感謝・思いやり・優しさ」等が必要です。

また、スピーチは話し手が聞き手に対するサービスであり、話し手の感情や考えが聞き手に明確に伝たわらなければ意味ありません。だから「上司の私が話すからよく聞け!」ではなく、「聞いて下さい」という心構えが必要です。

そして、聞き手は話し手の人間性に興味を示しますが、それを補完するためにも話し方のスキルは必要でしょう。加えて話し手の個性が表現されることが大切です。具体的なポイントは下記の通りです。

●話の内容
紋切り型の挨拶調や自慢話ではなく場に相応しい内容で、基本は「長年お世話になったお礼」「今後の身の振り方」「聞き手に対する思いやりの言葉」で構成すればいいでしょう。

○長年勤務すれば様々な物語が生まれます。本人ならではの具体的なエピソードを交えるよう心がけて下さい。

○本から引用してきた美辞麗句より、出来る限り自分の言葉で心を込めて、話しかけるように心掛けて下さい。

○不必要に暗い表情になることは有りませんが、今の寂しい気持ちは素直に表現されたらいいと思います。

○何より大切なことはひとえに「感謝の言葉」です。
従って「ありがとう」など、相手をいい気持にする言葉をなるべく多く取り込んで下さいね。
極論ですが「長い間ありがとうございました。皆様と一緒に働くことができて本当に幸せでした」だけでも立派な挨拶になるでしょう。
つまり、感謝の気持ちをどれだけ上手に表現するかだと思います。

次回はこれに伴う「態度や表情」にふれてみます。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1395《正しく使用したい慣用句。「気がおけない」「的を射る」の使い方》

言葉は感性そのものかもしれません。美しい言葉を沢山持っている人は、それだけで魅力的です。特に日本は四...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1394《厳寒の中のぬくもり!苦労を経験すればするほど人は磨かれる》

この冬最大級の冬将軍が居座っていますが1月20日は二十四節季の一つ「大寒」で、一年で最も寒い時期です。ま...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1393《「お名前頂戴できますか?」。この言いどう思いますか》

「類は友を呼ぶ」といわれます。そして良縁はさらに良縁を産みます。良い人間関係、良い本、良い音楽、心地...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1392《寒い時期、心が温かくなる季節の言葉「木守柿」》

「生きることは食べること」といわれるように、食べるという行為は生きていく上で必要不可欠です。だから食べ...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1391《年中行事に込められた思い!小正月と小豆粥》

睦月も半ばを迎えましたが、元日にお迎えした歳神様が「三が日」「松の内」「七草粥」を経て次第に人家から遠のか...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ