コラム

 公開日: 2011-01-01  最終更新日: 2012-04-20

マナーうんちく話33≪ご利益願って七福神と宝船≫


マナーうんちく話33《ご利益願って七福神と宝船》

明けましておめでとうございます。
昨年は「マナーうんちく話」にお付き合いいただき誠にありがとうございました。
今年も何卒よろしくお願いいたします。

昨年は色々なことがありましたが、今年こそ幸福な年であって欲しいものですね。
「景気回復」「金運上昇」「健康」「農業・商業・工業の繁栄」「恋愛成就」「夫婦円満」「家内安全」「交通安全」「就職」「合格」等を祈願するなら、昔から庶民の間では、「初詣」とともに、「七福神」(しちふくじん)巡りもなじみが深いようです。

そこで「今年最初のコラム」は、皆さまのご多幸を祈念して、福をもたらすとして、日本人に昔から信仰されている、「七福神」と「宝船」を取り上げます。

もともと、堅苦しい戒律に縛られることなく、気軽に信仰でき、「開運招福」「無病息災」等を叶えて下さる神々を望む風潮が室町時代に一般庶民の間で生じて、「七福神」が誕生したという説が有力です。

そして「七福神」は、日本、中国、インドの神の混成です。
一般的には次の神々です。

日本生まれの「恵比寿(えびす)」は五穀豊穣・商売繁盛をもたらしてくれます。

インド生まれの「大黒天(だいこくてん)」と「毘沙門天(びしゃもんてん)」はともに食べ物・福・財をもたらし、「弁財天(べんざいてん)」は福・財・知恵をもたらしてくれます。

そして中国生まれの「福禄寿(ふくろくじゅ)」と「寿老人(じゅろうじん)」と「布袋(ほてい)」は幸福・富・長寿をもたらしてくれます。


そしてこの「七福神」が乗る宝を満載した帆船、またはその様子を描いた絵を、「宝船」といい、おめでたい存在、縁起物とされていることはご承知の通りです。
新年の季語にもなっています。

「七福神の乗った宝船」の絵を、正月に枕の下において寝ると、縁起の良い初夢が見られるという風潮は、江戸時代に流行したといわれていますが、私も幼い頃にこのようにした記憶があります。
皆様方は如何でしょうか?

ちなみに私の今年の年賀状の絵柄は「七福神の乗った宝船」にしましたので、今夜あたり一枚枕の下において寝ようかと思っています。

正月に置く理由は、そもそも大晦日は寝ずに年神様をお迎えしなければならないので、夢が見られないので、正月に「七福神の乗った宝船の絵」を枕の下においたそうです。

今では、旅行会社の「初詣」商戦も盛んですが、「七福神巡り」もしかりですね。
七福神を祀る、古刹の威厳や古びた佇まいは、確かに心に沁みるものがありますが、それらが、いづこも、例外なく、毎年賑わっているということは、それにあやかりたいと願っている人がいかに多いかということですね。

コンピューター万能の時代とはいえ、普遍的なことは変わらないようです。
かの有名な剣豪宮本武蔵は「神は数拝するけど頼りにはしない」と言われたそうです。
しかし一般人にとっては、なにかにつけ神様・仏様に頼るというのは正直なところだと思います。

大切なことは、全てを神頼みにするのではなく、出来うることには全力を尽くし、それでも足らないところや、人間の力ではどうにもならないところを、神様・仏様にお願いするという姿勢だと思います。
そして常日頃からの感謝の気持ちだと思います。

最近は何もかも本当に便利な世の中になりました。「七福神の乗った宝船の絵」もインターネットのお陰でたやすくプリントアウトできます。

今夜あたり、枕の下において、兎年の「一陽来復」を祈願して見られては如何でしょう。
そしてどうか良い初夢にあやかって下さい。そして飛躍の年にして下さい。

今年も皆様方の、「ちょっと気になるマナー」「何かとお役に立つマナー」等を積極的に発信して参りたいと思っています。
よろしくお付き合いいただければ嬉しい限りです。

祈念!ご多幸。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1528《365日を心豊かに彩る季節の言葉「秋の彼岸」》

9月の後半に入る頃になると暑さも落ち着きかなり過ごしやすくなり、「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉が実感できるよ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1527《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係②》

人がなくなると骨上げの際に箸を使用します。いろいろなやり方があるようですが、二人組んで行う場合が多いよう...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1526《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係①》

突然ですが、現在地球上に何人いるかご存知でしょうか?世界の総人口は現在約74億人です。地球上では、一...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1525《「すみません」は何度言えばいいの?》

台風の動向が気になりますが、空が澄んで星や月がきれいに見えますね。昔の人は、月の満ち欠けの形で農作業の目...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1524《美人は本当に薄命なの?》

只今二十四節気の「白露の頃」ですが、露に濡れて香り立つ草木からも、深まりゆく秋の気配が感じられます。秋...

[ マナーの心得 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ