コラム

 公開日: 2016-02-17 

マナーうんちく話1160《法要のしきたりとマナー①》

葬儀の在り方が大きく変化するにつれ、「法要」の在り方にも変化の兆しが見え始めていますね。
家族、親族、地域等の絆が希薄になったせいでしょう。

以前このコラムで「忌中」と「喪中」について触れましたが、個人が亡くなってから49日までを「中陰(ちゅういん)」と言います。

インドの輪廻転生(りんねてんしょう)の考えに基づいて、この49日間に遺族が一生懸命に故人を供養することが法事の目的です。

死後49日間は冥土をさ迷い、生前の行いに対して裁きを受けるといわれていますが、冥土(死者のさ迷いく所)の旅を無事終えて、良い世界に転生できるように、残された遺族が一生懸命祈ることが大切なわけで、法要の意義はまさにここにあると思います。

49日の間に供養すれば故人は生まれ変わると信じられていますが、中でも死亡した日から7日目に行われる「初7日法要」、そして「49日法要」が大切とされています。

しかし、何もかも慌ただしくなった今では、葬儀・告別式と共に「初7日」を行うケースも増えています。いずれにせよ、この初7日法要することで、葬儀が終わるとされています。

次に「49日の法要」ですが、仏教ではこの日の審判で故人の運命が決まると言われ、初7日と同じく大変重要です。遺族を始め僧侶、友人・知人も招き埋骨式を行い、その後料理などで接待します。

ちなみに「精進落とし」は49日の忌明けに、精進料理から日常の食事に戻すことですが、今では火葬中や火葬場からもどった後に行う「初七日法要」の時に、僧侶やお世話になった人をねぎらう為の宴席でも精進落としと言う言葉を使用します。

49日と言う数字はとても大切で、これで忌中が終わり、日常の生活に戻るわけですが、忌明けの挨拶に「香典返し」も贈るようになります。

いずれにせよ、故人の冥福を祈り、その霊を慰めるために行うのが法要ですから、49日以後も続きます。

故人が無くなった同じ日に供養するのが「月命日」で、故人が無くなった同じ月の同じ日を「祥月命日(しょうつきめいにち)」といいます。

また、死後満一年の命日は「一周忌」、その翌年は「三回忌」になります。
さらに「七回忌」「十三回忌」と続き、三十三回忌まで行うのが一般的です。

服装ですが、遺族は一周忌までは喪服がお勧めですが、招かれた場合は一周忌までは告別式と同じ服装がいいでしょう。どの程度にしたらよいのか迷われたら、親族や同行の人に尋ね、それに準じる方法もあります。

供物や供物料を持参し、「御霊前にお供えください」と、遺族に差し出せばいいでしょう。表書きは「御仏前」「御供物料」で香典の半額程度が目安になります。

法要に出席できない場合は、早めにその旨を伝え、出来れば遺族の近況などを伺う手紙を出されたらいいと思います。供物料を贈るのもいいでしょう。さらに日を改めて訪問する機会を作られるのもお勧めです。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

8

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1678《これくらいは心得ておきたい「香典」の意味とマナー》

香典とは、本来死者に手向ける香の代金です。昔は香や野菜や供物を供したものですが、それがやがて現金を包む...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1677《「葬儀」と「告別式」の意味と心得》

結婚式と披露宴は異なります。特に神前結婚式の場合は親族で行うものだと思います。そして、その後の披露宴は...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1676《二十四節気の一つ「小満」。難局に挑み人間力を磨こう》

春先によくみられる色ですが、萌え出る若葉の、やや黄色を帯びた鮮やかな色を萌黄色(もえぎいろ)と表現します。...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1675《通夜の心構え②》

通夜に出席するかどうかは、故人及び葬家との付き合いの関係で決めればいいでしょう。すでに触れましたが、通...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1674《通夜の心得①》

冠婚葬祭の儀式の中でも葬儀は結婚式のように、当事者が主体的に執り行うことはできません。ということは自分...

[ 弔事のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ