コラム

 公開日: 2016-02-03 

マナーうんちく話1147《今日は節分!鬼がやってきて悪さをする》

最後の二十四節季「大寒」も最終日となり節分をむかえました。
時節柄、冬本番の低温が続き、何かとネガティブになりやすい時ですが、厳しい寒さを体験することも大切です。

春になれば桜の季節になりますが、日本の春を象徴する桜は、寒さが厳しければ厳しいほど、暖かさを敏感に感じると言われます。

つまり美しい花を見事に咲かすためには、厳しい寒さを体験しなければいけないと言うことでしょう。

こうした桜の営みは、人間にもよく例えられます。
厳しい寒さを体感すればするほど、太陽の暖かさが身に沁みるのと同じで、幼い時から試練に耐えた人や、順風満帆より挫折を幾度も経験した人の方が、人の苦労に寄り添えると言うことです。

ところで今、柊が旬を迎えていますが、節分には、「豆まき」をして、「柊を鰯の頭と共に玄関にかざすと鬼が寄り付かない」と言う言い伝えがあります。

「節分」は季節の変わり目ですので、天候が不順になり、このような時には鬼が出没すると昔は考えられていました。

そこで、鬼が嫌がる焼いた豆を蒔き、鰯の頭の悪臭や柊のとげで鬼を寄せ付けないようにするわけです。

なぜ豆か?と言えば、穀物は繁殖力と共に邪気を払う力があると考えられていました。その穀物の中でも特に豆は収穫量も多く、投げるにもちょうどいい大きさだったのでしょうね。

加えて「豆=魔目」の語呂合わせもあり、鬼が嫌がる火で豆を一旦焼いて、それを投げたのが始まりのようですが、地域により様々な風習があります。

また、柊のトゲも鬼は大変嫌がりますが、若い時期にはトゲトゲしい柊も年数がたってくると、そのトゲは役に立たなくなります。
邪気を払うとされた柊も、長い月日を経ると丸くなってくると言うことです。

人に例えれば、若い時は何かと四角四面の人でも、ひと歳とると丸みを帯び、柔軟な姿勢になってくると言うことでしょう。

そして自然界では、季節の節目に咲くと言われている「節分草」がお目見えします。最近では「節分草」より「恵方巻き」のほうがよく知られるようになりましたが、自然の営みには教えられることが多々あります。

また天気予報では、「寒い日が続いていますが、暦の上では春になりました」などというセリフが聞こえてきますが、季節の変わり目です。
体調管理にご注意ください。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1623《今流の男の礼儀作法⑥「グローバル時代のマナーとは?」》

江戸時代の武士も町人も庶民も礼儀作法に重きを置いたのは、次第に物が豊かになるにつれ、良好な人間関係を築く必...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1622《目は口ほどに物を言う!」。大切にしたい「視線」のマナー》

「嘘をついても目を見ればよくわかる」とよく耳にします。また「目は口ほどに物を言う」と昔から言われます。...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1621《今流の男の礼儀作法④「礼儀作法は教養の代名詞であり、生活の必需品だった

経済力や地位が高まれば次に望むものは知性や教養というのは古今東西普遍のようですね。「衣食足りて礼節を知る...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1620《雨水!春の雨で鋭気を養い、自分らしい花を咲かせよう》

雪が多い年は豊作になるといわれていますが、「瑞花(ずいか)」という吉兆を表す言葉があります。雪が多く降...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1619《ブランド志向とティファニーのテーブルマナー教本》

今の子育ては間違いだらけ!?教育者ではないので、子どもの教育のことはよくわかりませんが、若者の様々な研修...

[ マナーの心得 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ