コラム

 公開日: 2016-01-26 

マナーうんちく話1141《海老で百魚の殿様「鯛」を釣る!》

四季が明確に分かれている国日本は、豊かになり過ぎたせいでしょうか?
一年を通じて多くの食材が手に入ります。
だから、食べ物の旬を知らない人が多いのも頷けます。

ところで日本人にとって慶事に欠かせない「鯛」の旬をご存知でしょうか。

鰻の蒲焼と同様、一年中口にすることが出来、しかも一年中美味ですが、やはり鯛は冬から春にかけての頃が最高と言われています。

以前にも触れましたが、鯛は「姿」「色」「味」が3拍子揃っていることと、長寿の魚でもあります。

それ故に「百魚の殿様」と言われるわけですが、「百花の王様」と呼ばれる「牡丹」と囲気が似ていますね。

ちなみに、「祝い事」と言えば日本では昔から鯛のオカシラツキですが、これは「目出度い」の語呂合わせもありますが、何とも言えない美しい紅色が加味されるからです。

加えて、長寿の魚ですから、それにあやかると言う意味もあります。
神事において神様にお供えする理由が頷けます。

しかし、どんな鯛でもいいわけではなく、神様にお供えする鯛は特に、姿、形が整っていて新鮮でないといけません。

「オカシラ」は漢字で書くと「尾頭」となりますが、これは鯛の尾から頭までが美しく保たれていると言う意味です。

それを神事の後に下げて、参列者がいただくわけですから、「美しく食べる」と言うマナーが課せられます。

和食のテーブルマナーでも「尾頭付きの魚」は食べ方が難しいですが、神様にささげた魚だから美しく食べなければいけないわけです。

ちなみに鯛の鮮紅色は、ひとえに鯛が海老を好んで食べるからという説がありますが、「鯛で海老を釣る」と言う諺がありますね。
ちょっとした努力や少ない投資で、大きな利益を得る意味で使用されます。

海老は高級魚ですが、この海老は魚のえさになるような小さい海老のことでしょう。

人の行動の奥には「海老で鯛を釣る」要素が大きいですね。
たとえば、わずか数百円の投資で億万長者を狙う宝くじはその典型でしょう。

競輪、競馬等もそれに該当するかもしれません。

現実的には、少ない元手で大きな利益を得るのは難しいと思いますが、宝くじも競馬もまだ持続していると言うことは、常にそれを狙っている人がいるからでしょう。

ビジネスの世界でも、少ない経費で大きな利益が有られればいいですが、全てがそんなにうまくいくとは思えません。

特に安全に関わるようなことは、その逆かもしれません。
また予想外のことを最初から狙う「とらぬ狸の皮算用」にもなりかねません。

和食がユネスコの無形文化遺産に登録されて久しくなりますが、鯛はその和食の最高の料理です。

数年前に一流・有名・名門と呼ばれるホテルや百貨店において食品偽装問題が発覚しましたが、今回は消費期限切れ食品の横流しがクローズアップされました。

食べると言う行為は命に直結するので古今東西、食べ物はとても神聖な物として扱われています。考え方は大きく異なりますが、「手食」も「箸食」も食べ物をこの上ない神聖なものとする考えから生まれた文化です。

色々な事情はあるにせよ、姑息な手段にとらわれないで、真摯な態度で食べ物と向かい合って頂きたいものです。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1562《どう違う?「水引」と「リボン」①》

お歳暮やクリスマスプレゼントに縁が深い人は多いと思います。恐らくお歳暮とクリスマスプレゼントの両方を、贈...

[ 冠婚葬祭のマナー ]

マナーうんちく話1561《どう違う?「お返し」と「内祝い」》

日本人は世界中の中でも贈り物をしたり、されたりするのが大変好きな国民のようですが、多くの人が贈り物をするお...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1560《七五三がテーマのわらべ歌と子育て》

「子どもは神の子」といわれていた時代、三歳、五歳の子供が成長すれば喜びも大きかったわけですが、七歳になれば...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1559《「千歳飴」誕生の物語。七五三に秘められた謎②》

「七五三」は「髪置き」「袴着」「帯解き」といった儀礼が、公家や武家のみならず、庶民の間でも行なわれていたよ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1558《正しく身に付けたい参拝の知識と作法②》

お賽銭の次は「鈴」を鳴らします。鈴を鳴らすことで神様におきて頂くわけです。神霊をお招きするということで...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ