コラム

 公開日: 2016-01-22 

マナーうんちく話1138《どう思う?食後の爪楊枝》

昼下がりのレストラン街や社員食堂。
妻楊枝を加えて出て来る人をよく見かけますね。

この姿を見た人はどのように思っているか?

「加え妻楊枝派」は圧倒的に中高年の男性に多いようですが、あまり好感が持たれる姿ではなさそうですね。

特に女性からは不快感を抱かれそうです。
程度の差はありますが、加え楊枝に「シーシー」とか「シュッ、シュッ」等の音が加われば、さらに生理的にも不快感は高まるでしょう。

中には、女性の眼前でどうどうとすればセクハラだと指摘する人もいるとか・・・。
この理屈が通れば、電車の中でのお化粧はどうなるのでしょうか?
自分が嫌なことは全てセクハラと言うわけにも参りません。
男性にも言い分はあるでしょう。

妻楊枝は日本のレストランや食堂では、食卓に置いてあります。
たとえ置いてなくても、リクエストすれば無料で渡してくれます。

さらにコンビニで弁当を買う際にも、割りばしの必要性を伺ってくれますが、その割りばしの紙袋の中にも妻楊枝は入っています。
つまり「食後=妻楊枝」になるのは何らおかしいことではありません。
妻楊枝は実に実用的だということです。

しかし、その使い方には注意が必要です。

男性、女性に限らず、人前で使用するのはなるべく避けて、洗面所での使用をお勧めします。

どうしても止む終えない場合は手や懐紙で口を覆って使用することをお勧めします。

マナーの根源を成す要素は「感謝」「尊敬」「思いやり」ですが、おもいやりは「他者に好感を与える」側面と、「不快感を与えない」側面があります。

食後に人前で妻楊枝を使用した時、その人が不快感を覚えたらマナーの視点で捉えると良くありません。
しかし、その人が何とも感じなかったら別にどうということはないでしょう。

どのように感じるかは人それぞれですが、特に若い女性は敏感だということでしょうね。

昔は妻楊枝も手造りでしたが、約100年前から妻楊枝は機械で大量生産されるようになってきました。

100年前から妻楊枝は、すっかり食生活に密着してきましたが、感じ方は時代とともに変化しています。

特に年をとると歯茎がやせて妻楊枝のお世話になる頻度がたかくなるので、超高齢化社会が進展する程、妻楊枝は益々存在感が高くなるでしょう。

他人の前では使わないとか、音をたてないとか、使い方に注意が必要です。

テーブルマナーの基本は日本でも欧米でも「美しい食べ方」ですが、美しい食べ方とは他者への配慮です。

妻楊枝の使い方にはくれぐれもご用心を・・・。
加えて「おしぼり」で顔を拭くのもご注意あれ・・・。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1623《今流の男の礼儀作法⑥「グローバル時代のマナーとは?」》

江戸時代の武士も町人も庶民も礼儀作法に重きを置いたのは、次第に物が豊かになるにつれ、良好な人間関係を築く必...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1622《目は口ほどに物を言う!」。大切にしたい「視線」のマナー》

「嘘をついても目を見ればよくわかる」とよく耳にします。また「目は口ほどに物を言う」と昔から言われます。...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1621《今流の男の礼儀作法④「礼儀作法は教養の代名詞であり、生活の必需品だった

経済力や地位が高まれば次に望むものは知性や教養というのは古今東西普遍のようですね。「衣食足りて礼節を知る...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1620《雨水!春の雨で鋭気を養い、自分らしい花を咲かせよう》

雪が多い年は豊作になるといわれていますが、「瑞花(ずいか)」という吉兆を表す言葉があります。雪が多く降...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1619《ブランド志向とティファニーのテーブルマナー教本》

今の子育ては間違いだらけ!?教育者ではないので、子どもの教育のことはよくわかりませんが、若者の様々な研修...

[ マナーの心得 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ