コラム

2016-01-21

マナーうんちく話1137《大寒の頃、幸運の「寒の卵」をどうぞ・・・。》

1月21日は二十四節季の一つ「大寒」です。
漢字が示すように、まさに一年で最も寒い時期です。

冬将軍がいすわり、背中が丸くなりそうで、何かとネガティブになりそうですが、いいこともあります。

この頃の水は雑菌が少なくなるので、味噌、酒、醤油などを仕込めば、腐りにくくなると言われています。

そして大寒の終わりは「節分」で、その次の日は「立春」です。
寒い中にも春を迎える喜びが芽吹く頃です。 

以前のコラムで、立春、立夏、立秋、立冬の前約18日間を「土用」と呼び、1月18日が冬の土用(寒の土用)とお話ししましたが、「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の次の日を「節分」と言います。

つまり、節分も土曜も実は一年に4回ずつ存在すると言うことです。

今では土用と言えば「夏の土用」、節分と言えば「立春の前」の日を指すようになりましたが、季節の節目を意味する言葉です。

そして季節の節目は今もそうですが、何かと身体に変調をきたしやすいので、栄養の在るモノを食べて体力をつけるとか、邪気を払うモノに頼るようになったのでしょう。

ところで夏の土用は鰻を食べるのが有名ですが、大寒の頃は、先人は卵を好んで食していたとか・・・。

「大寒の卵」と言う言葉があります。

これを食べると健康運やお金に恵まれると言われており、今では贈答用として力を入れているところもありますね。

もともとは食べ物に不自由していた頃、これを食べると、この一年健康で過ごせるよと言われたのが「寒の卵」です。

今の養鶏は非常に進歩していますが、昔は自然任せです。
従って寒い時期は鶏が卵を産む数がぐんと減ります。
しかしその分、栄養が詰まっていると考えたのでしょう。

生気に満ちた卵は縁起物として重宝されたようです。
寒さにめけず頑張って産んでくれた卵ですから、きっと健康にも金運にも恵まれるのでしょうね。

一年を24に分けたのが二十四節季ですが、それをさらに3つに分類した「七十二候」がありますが、その最後、つまり二十四節季の大寒の最後は「鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)」とあります。

乳と言う字は「産む」と言う意味もあり、春の訪れを察した鶏が、卵を産み始める頃です。

本来鶏は冬には卵をうまず、日差しが長くなってから産むようになるので、長い冬が終わり、春の到来が楽しみになる頃です。

大寒に産んだ卵を食べて、元気で前向きに歩んで下さい。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1321《一人暮らしの親の葬儀の香典はどうする?》

最近よくあるケースですが、親が一人暮らしだった場合の葬儀で、子どもは香典をどのようにしたらいいのでしょうか...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1320《親の葬儀に子どもは香典を出す?出さない?》

最近セミナーや講演会終了後に、「葬儀」に関する質問が目立ってきた感が有ります。少子化と超高齢化は「少子...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1319《訪問先で出された茶菓は いただくか? 遠慮するか?》

他家や他社を訪問することは多々ありますが、「茶菓を振る舞われた時のいただき方」に迷うことが有ります。訪...

[ 訪問ともてなしのマナー ]

マナーうんちく話1318《物を贈るか?現金を贈るか?それとも・・・》

贈り物をする時は心を込めて贈ることが大切ですが、「品物」を贈るか、あるいは「現金」の方がいいのか迷うことも...

[ 贈答のマナー ]

マナーうんちく話1317《あわれ秋風よ 情けあらば伝えてよ…》

「味覚の秋」を迎え美味しいものに目移りがする時期になりました。しかしなんといってもお手頃価格で美味しくて...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ