コラム

 公開日: 2016-01-20 

マナーうんちく話1136《飽食の今、思い起こしたい「20日正月」「骨正月」》

暖冬が嘘のように厳しい寒さが続いていますが、暦の上では一年で最も寒い時期です。

それにしても勢力の強い冬将軍が一気にやってきた感じですね。
私もあわてて車のタイヤを交換しましたが、改めて「油断大敵」と言う言葉を思い知らされました。

今から約200年前、連戦連勝のナポレオンがシベリアを責めるに当たり、あまりの寒さに退却を余儀なくされました。
その厳しい寒さを擬人化し、「冬将軍」の称号を与えたのが名前の由来だと言われておりますが、日本でも当分厳しい寒さが続きそうです。

ご自愛ください。

しかし雪の中では、「蕗の薹」が芽吹く頃です。
雪解けを待たずに、早々と顔を見せるので、梅と共に「春の使者」と呼ばれています。

厳しい冬の先には温かい春が待ち受けていると言うことです。

そして1月20日は「二十日正月」です。

1月15日の「小正月」と同様、暦から姿を消した言葉ですが、この日までに餅などの正月の料理を、余すことなく食べつくわけですね。

昔の人は食べ物を非常に大切にしたので、正月料理で残った魚や鶏の骨まで全て平らげるので別名「骨正月」ともいわれます。

食料自給率は先進国中最下位の39%しかないのに、世界一「飽食の国」といわれ、世界で最も多くの食べ残し、つまり「食品廃棄物」を排出する日本人にとって、是非思い起こして頂きたい言葉です。

只今地球上には90を超える国や地域と、約72億人が生活していますが、その半数は貧しい暮らしをしていると言われています。

食べ物、飲み物に不自由し恒常的栄養失調に陥っている人も半端な数ではありません。

飢餓が原因で命を落としている人も珍しくありません。

そのような現状下で、日本人が廃棄する食料品で、どれくらい多くの人が救われるのか?

今回も食品に関する問題が報道されていますが、考えさせられることが多いですね・・・。

文化、食文化、気候風土、国民性、法律、宗教等が異なるので大変難しいと思いますが、日本で余った食料品を困っている人に届くようにする研究がさらに進むと良いですね。

先進国であり、世界の多くの国から慕われ、世界一「飽食の国」「美食の国」である日本は、世界の飢餓を共有することが大切だと思うわけですが、如何でしょうか?

私のテーブルマナー講座は何時もこのようなお話しで、最終的には「美しい食べ方」、つまり食べ物への配慮、楽しい食べ方、賢い食べ方につきます。

参加者にとって、耳が痛いことが多いようですが、皆さん共感して、早速できることから実行に移される方が殆どで、毎回リピートが多いのが特徴です。

特に最近は子育て中のお母さん方からの講演依頼が増え、教職員を交えてお聞きいただくケースが多くなり、話し手としては嬉しい限りです。

子育てで本当に忙しい中、90分から120分位の時間をお取りいただき、真剣にお聞きいただいておりますが、ご本人も、その子どもさんもお役に立つことが満載されています。お気軽にご相談下さい。

繰り返しになりますが「生きることは食べること」ですから、美しい食べ方は身も心も美しい生き方に直結します。「骨正月」はその意味において、大変美しい言葉で後世に伝えたい言葉でもあります。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1562《どう違う?「水引」と「リボン」①》

お歳暮やクリスマスプレゼントに縁が深い人は多いと思います。恐らくお歳暮とクリスマスプレゼントの両方を、贈...

[ 冠婚葬祭のマナー ]

マナーうんちく話1561《どう違う?「お返し」と「内祝い」》

日本人は世界中の中でも贈り物をしたり、されたりするのが大変好きな国民のようですが、多くの人が贈り物をするお...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1560《七五三がテーマのわらべ歌と子育て》

「子どもは神の子」といわれていた時代、三歳、五歳の子供が成長すれば喜びも大きかったわけですが、七歳になれば...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1559《「千歳飴」誕生の物語。七五三に秘められた謎②》

「七五三」は「髪置き」「袴着」「帯解き」といった儀礼が、公家や武家のみならず、庶民の間でも行なわれていたよ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1558《正しく身に付けたい参拝の知識と作法②》

お賽銭の次は「鈴」を鳴らします。鈴を鳴らすことで神様におきて頂くわけです。神霊をお招きするということで...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ