コラム

2016-01-19

マナーうんちく話1135《只今受験シーズン、どうする?受験生への配慮》

全国の中学生や高校生にとって、たいせつな受験のシーズンになりました。
大きな重圧になっている学生も多いと思います。

最近は何もかも過保護になり過ぎでは?と感じる点も多々ありますが、私たちの頃でも受験時には、家族や周囲の人がかなり神経を使ってくれた記憶があります。

生徒は自分の希望する学校に行くために、激しい受験戦争を経験することは古今東西変わりませんね。

受験モードになっている生徒たちの気持ちをくみ、最後まで温かく見守ってあげたいものです。

そのためには、受験生と正しく向き合い、先輩として、受験生を思いやる心構えが大切だと思います。

しかし、受験生は緊張感や不安感が高まり、周囲の些細なことが気になるので、特に家族は、まるで晴れモノにでも触るようにして、本人より多くのストレスがかかるかもしれません。

では、どうするのか?

あまり受験生に圧力がかかるような言葉は慎んだ方が良いかもしれませんね。
特に気弱な受験生にとっては逆効果になるかも。

加えて、不必要に気を配るのもおかしな気分になります。
病気で体力が失せてしまっているわけではないので、努めて明るく振舞う方が自然でしょう。

どこの学校を受けるの?等と細かく尋ねないようにすることも大切です。
本人が言わないならそのままにしてあげて下さい。

「寒くなったから身体を大切に」等の、身体をいたわる言葉は喜ばれると思います。

これから合格発表が気になりますが、受験に合格すれば共に喜び合えばいいですが、不本意な結果に終わることもあります。
難関校であればある程多いですね。

たとえ不合格になっても、その学校に行くと自らの意思で本人が決めて、挑戦したのであれば、不合格になってもそれは本人のせいです。

周囲がおろおろすることはかえっておかしいと思います。
つまり、何もしない方が良いと考えます。

また、何もかも順風満帆で進むより、幾度の挫折を経験した方が、後になっていいことは沢山あります。

さらに「塞翁が馬」と言う諺もあります。
親子で悲観して途方に暮れるより、これを前向きに捉え、気持ちを切り替えることも大切です。

日本は学歴社会で、殆どの学生は受験を経験するでしょう。
単に実力社会へのパスポートとして受験を捉えることなく、自立や自己実現など、世界一長寿の平均寿命を心豊かに生きて行くための「人間力」を形成する意味において、受験は大変いいチャンスだと思います。

ちなみに、遠い昔の話になりますが、私が受験する時は、旅館に泊まりました。全国各地から来た、全然知らない者同士の8人位の和室の相部屋でした。

浪人の人も結構おり、共に夕食をした時には、煙草を吸う人、酒を注文する人もいました。そして食後は、団らんする者もいれば、近所のパチンコ屋に行く人等もいました。

2泊3日の受験でしたが、帰る時には皆打ち解け、その中の数人と入学式で顔を合わすことが出来た時は本当にうれしかった記憶があります。

若者の再就職や結婚支援に関わっていますが、過保護になり過ぎ、ストレスに耐性が無い若者が多すぎる気がしてなりません。若い時に試練を経験させてあげるのも大人の大切な役割ではないでしょうか。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1323《淡いを感じる10月の歳時記》

今年は9月の下旬まで残暑が続きましたが、10月の声を聞くと、暑さも和らぎ、天高く、何をするのも快適な季節に...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1322《品格が漂う「ありがとうしぐさ」》

電車にギリギリセーフで乗ったら「ヤレヤレ」と思いますが、御礼を言うことはあり得ないでしょう。しかしエレ...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1321《一人暮らしの親の葬儀の香典はどうする?》

最近よくあるケースですが、親が一人暮らしだった場合の葬儀で、子どもは香典をどのようにしたらいいのでしょうか...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1320《親の葬儀に子どもは香典を出す?出さない?》

最近セミナーや講演会終了後に、「葬儀」に関する質問が目立ってきた感が有ります。少子化と超高齢化は「少子...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1319《訪問先で出された茶菓は いただくか? 遠慮するか?》

他家や他社を訪問することは多々ありますが、「茶菓を振る舞われた時のいただき方」に迷うことが有ります。訪...

[ 訪問ともてなしのマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ