コラム

 公開日: 2015-12-28 

マナーうんちく話1117《正月がさらに充実する神道の知識》

昨日は近所の氏神様の年末恒例の大掃除に参加しました。

高齢化が進展する中、参加者は減少傾向にあるようですが、それでも上は80過ぎの方から下は小学生まで、多くの住民が参加しました。

美しくなった神社を見ていると、住民の元気さや温かさが感じられ、大変すがすがしい気持ちになります。

そして正月には初詣でお世話になるわけですが、山陽新聞社の「さん太アンケート」でも、約9割の方が初詣に行き、その大半は近所の氏神様となっていましたね。

さて、今までは正月の意味や意義に触れてきましたが、その正月と密接に関わっているのが神道で有り、神社で有り、歳神様ですから、暫くそれに触れて参ります。

正しく認識すると共に充実した正月、充実した一年をお過ごしください。

現在日本の人口は約12700万人ですが、神道系の信者は約10800万人だと言われており、神社は全国に約81000社存在します。

「神道」は日本固有の宗教でありながら、多くの人が自分は信者であると、あまり認識していないユニークな宗教です。

そして、神道の特徴と言えますが、いにしえより日本人の思想や哲学などを培ってきたにもかかわらず、仏教やキリスト教のように創始者がいません。

つまり自然に発生した宗教で、米作りや年中行事等と大変密接な関係にあります。

ちなみに神道においては、米は天照大神が授けた穀物であり、神事には必要不可欠となっています。正月飾りやお神酒やお雑煮等も全て米と関係が深いわけです。

また、神道は「神の道」と表現されているように、「神様が歩まれた道」とか「神様の教え」と言う意味があります。

仏教が6世紀になって大陸から伝来したため、それと区別するために使われ始めたのではと推測されます。

ところで神道には神社がつきもので、年中行事と深いかかわりがあります。

もともとは大木や巨岩、あるいは山などに神様が降りられて鎮座されるわけですが、雨や風を防ぐために、現在のような建物が設置されるようになりました。

ちなみに、今の基礎が築かれたのは弥生時代から古墳時代にかけてだと言われています。

現在コンビニより多く存在する神社ですが、はたして自分の氏神様と縁を持っている人はどれくらいいるのか・・・。

毎年何千万人もの人が、正月には初詣に行くのに、「氏神様」と「氏子」の関係は確かに希薄化していると思います。

私が幼い頃、近所で重い病気になった人がいれば、近所の人が一緒になって、氏神様に病気の回復を祈願した記憶があります。

近所同士のつながりも深かったわけですが、氏神様とも常に関係を保っていたような気がします。
また、当時は殆どの家に「神棚」があり、なにかにつけ手を合わせていました。

それくらい身近な存在で、日本人の暮らしと共に有った神道が、時代の流れと共に、その関係性を薄めて行くのは寂しい限りだと思います。

次回は「初詣がさらに楽しくなる神社の基礎知識」です。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

8

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1484《本当に品の良い人とはどんな人なの?》

そこにその人がいるだけで場が明るくなったり安らいだり・・・。そんな光景を長年ホテルでの接客の仕事を通じて...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1483《「親孝行。したい時には親はなし」。親孝行のお勧め》

世話になった人や周囲の大切な人に対して「ありがとう」の気持ちを表現する事はとても大切だと思います。伴侶に...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1483《6月21日は夏至。夏の「短夜」をどのように過ごしますか?》

6月は旧暦では「水無月」と呼びますが、この時期になると日本では北海道を除き全国的に一年で最も雨が多い時です...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1482《打ち合わせ中に携帯電話が鳴った。どうする?》

今や公私とも携帯電話を持ち歩かない人は珍しいでしょう。携帯している以上所かまわずかかってきます。掛け...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1481《「大黒柱」と「父の日」》

クールビズ商戦も梅雨に入り一息ついているようですが、それに代わって商店街やデパートでは父の日のプレゼントコ...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ