コラム

 公開日: 2015-12-23 

マナーうんちく話1113《太陽の復活祭!クリスマスと冬至の意外な関係》

四季が明確に分かれて、国土の約7割を山林で覆われている日本の人々は、昔から自然に寄り添い、自然と仲良く暮らしてきました。

そのせいでしょうか、季節毎に山の表情を人に例えて美しく表現しています。
山の木々の葉が散ってしまい、まるで山全体が眠っているようになる今頃は「山眠る頃」と言います。

そんな中、芽吹きを始める木もあります。
周囲の木が枯れている状況の中で、芽吹くことを「冬萌え」と言いますが、その様子は、冬至を起点にエネルギーをパワーアップさせる太陽と同じですね。

ちまたではクリスマスイベントがたけなわで、一年で最も活気づく頃ですが、実は、クリスマスも太陽が復活するのをお祝いする行事が起源だと言われています。

キリストの誕生と太陽の復活を結びつけたのでしょうか?

そういえば、日本の「お雛様」や「七夕」や「お中元」などは、古い風習と新しい風習がコラボレーションして、さらに新しい風習となって現在に至っています。この現象は、古今東西同じようです。

ところで、前回「冬至」と「一陽来複」のお話をしましたが、西洋人も同じような事を述べています。

イギリスの詩人シェリーは「西風に寄せる歌」で「If winter comes、can spring be far behind?」と述べています。

「冬来たりなば 春遠からじ」といわれますが、厳しい冬になったということは、やがて温かい春になるよ!と言う意味で、たとえ今は良くなくても、辛抱強く耐えていたら、いずれよくなる、という意味で使用されます。

日本でも、世界中でも、太陽のエネルギーが一番弱くなる日、あるいは寒さが最も厳しくなる日は、「どん底の日」と捉え、とても大切な節目になっているようですね。

例えば日本の立春は一年で最も寒い日で、この日が旧暦では正月、つまり一年のスタートになっています。
ちなみに、八十八夜も二百十日も立春から数えます。

そして太陽の力が一番弱く、夜が長くて昼が短い冬至はクリスマスの起源だと言われています。

だから、クリスマスツリーに使用するもみの木は「希望の象徴」とされているのでしょうか・・・。

昼が短く暗い夜が一番長いどん底の日を乗り切ったら、皆でそれをお祝いする様々なお祭りが開かれます。

その中の一つとキリスト教が結びつき、現在のクリスマスになったということでしょうね。

日本のクリスマスは、宗教色のない外国のお祭りとして受け入れられていますが、冬至の祭りとしては日本も外国も理屈は同じだということです。

正月に神様が里帰りする際その依り代になる「松」も、クリスマスツリーに使用される「もみの木」も同じ常緑樹です。

さらに「柊」は日本でも西洋でも魔よけの木です。
似たような点が多いですね。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1528《365日を心豊かに彩る季節の言葉「秋の彼岸」》

9月の後半に入る頃になると暑さも落ち着きかなり過ごしやすくなり、「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉が実感できるよ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1527《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係②》

人がなくなると骨上げの際に箸を使用します。いろいろなやり方があるようですが、二人組んで行う場合が多いよう...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1526《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係①》

突然ですが、現在地球上に何人いるかご存知でしょうか?世界の総人口は現在約74億人です。地球上では、一...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1525《「すみません」は何度言えばいいの?》

台風の動向が気になりますが、空が澄んで星や月がきれいに見えますね。昔の人は、月の満ち欠けの形で農作業の目...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1524《美人は本当に薄命なの?》

只今二十四節気の「白露の頃」ですが、露に濡れて香り立つ草木からも、深まりゆく秋の気配が感じられます。秋...

[ マナーの心得 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ