コラム

 公開日: 2015-12-21 

マナーうんちく話1112《冬至のカボチャとハロウィンのカボチャ。どう違う?》

【冬至にかぼちゃを食べる理由】

冬至には健康を祈願してカボチャを食べる風習があります。
冬の季節は栄養価が期待できる野菜が少ないので、カボチャはビタミンやカロチン補給に大変役立ち、風邪予防などに効果的な食べ物です。

夏の野菜を、なぜ冬に食べられるのか?という疑問が湧いてくると思いますが、カボチャは他の夏野菜に比べて保存性に富んでいるから、夏に収穫したカボチャは充分冬至まで持ちこたえます。

ちなみに、我が家でも、毎年冬至には、夏に収穫したカボチャを食べています。
もっとも最近では、冬になるとニュージランド産のカボチャが市場に出回りますから、困ることはありませんね。

しかし昔の人にとって、冬のカボチャは栄養補給する面において、とても貴重だったと思います。従って、冬至にカボチャを食すことは、無事に厳しい冬を越す先人の知恵とも言えるでしょう。

加えて「陰陽思想」では、夏が「陽」で、冬が「陰」になるので、夏、つまり陽に収穫したカボチャを、冬、つまり陰に食べることで、陽を補給するという考えもあったと言われています。

折角ですから、冬至の日には是非カボチャと柚子を食卓にどうぞ。
そして、冬を身も心も元気に過ごして下さいね。

【ハロウィンとカボチャの関係】

日本ではあまりメジャーではなかったハロウィンイベントが、最近益々盛り上がりを見せ、今や市場規模も大幅に膨らんできたようですね。

ハロウィングッズを売るための施策が功を奏した結果でしょう。

ここ数年は、カボチャを飾ったり、仮装したりで、今では学校でも取り上げていますね。

冬至のカボチャは栄養補給のため食しますが、ハロウィンのカボチャはランタン用として使用されます。

古代ケルト人の間で、秋の収穫と魔除けの儀式として行われておりましたが、ここでは、カボチャではなく「かぶ」が使用されていたそうです。

「蕪」の中身をくりぬき「ランタン」を作り、魔よけに使用したと言われています。その行事が、やがてアメリカに伝わったわけですが、アメリカには「蕪」がないので、替わりに「カボチャを」を使用して、現在に至ったようです。

カボチャは中が結構あいていますから、くりぬいてランタンにするのが、とてもやりやすいで、これが受けたのではないでしょうか。

では、なぜランタンが必要か?と言えば、ケルト人の風習では11月1日が新年になり、「この世」と「あの世」が一番近くなる日とされていました。
日本のお彼岸の考え方に似ていますね。

そしてこんな日は、悪魔がうろつくようになるので、「蕪」を恐ろしい姿にくりぬき、ランタンを作り、中で火をともして、悪魔よけにしたということで、10月31日の夜が「前夜祭」となったようです。

これが日本にも伝わり「ハロウィン=カボチャ」になったわけですが、日本の冬至と異なり、仮装等が加味されるのでイベント性が高く、それに関連するグッズを売り込もうとする戦略が功を奏し、今や日本ではクリスマスに注ぐビッグイベントになりました。

【国際化に備えて自国の文化を大切に・・・。】
今や「冬至」より「ハロウィン」の方がはるかに有名になりましたが、冬至は二十四節季の元になる日本の伝統的行事です。
ハロウィンに押されて、長い間培われてきた日本古来の伝統文化が影をひそめるようでは寂しい限りですね。

商売は別としても、学校ではハロウィンより、日本の伝統文化をキチンと教えて頂きたいと感じる次第ですが、いかがでしょうか。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1513《「終活」に役立つマナーとコミュニケーション能力(終活6)》

接客・接遇の基本は先ずはコミュニケーション、コミュニケーションでしょう。これは介護や看護、さらに婚活や「...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1512《「金持ち」もいいけど「友持ち」「仲間持ち」もね。(終活⑤)》

ひと歳重ねてつくづく思うことは、高齢期を《幸齢期》にするためには気の置けない「友人」や「仲間」が大切だとい...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1511《終活になぜ生活設計が大切なの?(終活④)》

【感謝の心と気概をもって】世界屈指の長寿国になった日本。あなたはどのように生きますか?期待と不安が...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1510《自分らしく輝いて生きるために!「人生設計」のお勧め(終活③)》

【人生100歳、二毛作時代の到来】日本の平和な家庭の象徴である「サザエさん」は相変わらず人気ですが、サザエさ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1509《改めて考えたい「終活」の意義と意味②》

【終活の捉え方】人生の終わりに向けて自分らしい終わり方ができるように、身も心も元気なうちにとる様々な準備...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ