コラム

 公開日: 2015-12-19 

マナーうんちく話1110《文明開化とマナー》

明治に入ると、欧米社会から新たな文化が多量に入り込んでくるわけですが、マナーの世界はさらに複雑多様になります。

公家社会、武家社会、庶民階級と様々なマナーが存在していたところに、さらに西洋の全く新しいマナーが入ってきたわけですから大変です。

男尊女卑の社会にレディーファーストの文化が、左上位の考え方に右上位の考えが、着物のファッションに洋服のファッション、加えて洋食などが急激に押し寄せてきたので無理もありません。

明治新政府の高級官僚や貴族が出入りしていた「鹿鳴館」もそうです。

明治新政府の役人たちが、西洋諸国の国賓や外交官たちを接待するに当たり、舞踏会等が盛んに開催されていたようですが、当時の高級官僚や貴族、そしてその奥様達も、欧米式の舞踏会のマナーは、当然理解していないので、必死に勉強したことだと思います。

また、明治になって日本にも西洋式の軍隊が生まれました。
これを指導したのが、欧米の指揮官ですが、彼らが一番苦労した点は何だと思いますか?

一番苦労したのが「歩き方」だったと言われています。

従来の草履をはいた着物姿での立ち居振る舞いと、革靴を履いた洋服とでは雲泥の差があったわけですね。

さらに、現在と当時では下着が全然違います。
パンツに慣れた現代人が、江戸時代の「おこし」や「ふんどし」スタイルの歩き方は、理解に苦しむと思います。

しかし、江戸末期から明治にかけてやってきた外国の著名人は、当時の日本人を嘲笑ったのではありません。

貧しいが、常に礼儀正しく、知的な国民だと褒め称えています。

物質的には欧米人と比較にならない位貧しかった日本が、文明国の仲間だと広く世界に認知してもらうためには、色々と苦労があったのでしょうね。

しかし、物質的には劣っていても、精神面では当時の日本人は素晴らしかったのではないでしょうか?

イギリスの紳士と言えば世界の憧れの的ですが、それは騎士道精神やマナーを忠実に受け継いでいるからでしょう。

日本には武士礼法があります。

今の様に汚職や収賄も転職等も多々あったと思いますが、江戸時代の武士が有する価値観は、現代のサラリーマンにも大変役に立つと思います。

単に江戸の武士たちの振舞いに憧れるのではなく、自分の生き方や所作に活かしてこそ意味があると思います。

明治政府の役人は、武士道から受け継いだ高潔な精神を持ち合わせていたからこそ、偉業を成し遂げることが出来たのではないでしょうか。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1677《「葬儀」と「告別式」の意味と心得》

結婚式と披露宴は異なります。特に神前結婚式の場合は親族で行うものだと思います。そして、その後の披露宴は...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1676《二十四節気の一つ「小満」。難局に挑み人間力を磨こう》

春先によくみられる色ですが、萌え出る若葉の、やや黄色を帯びた鮮やかな色を萌黄色(もえぎいろ)と表現します。...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1675《通夜の心構え②》

通夜に出席するかどうかは、故人及び葬家との付き合いの関係で決めればいいでしょう。すでに触れましたが、通...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1674《通夜の心得①》

冠婚葬祭の儀式の中でも葬儀は結婚式のように、当事者が主体的に執り行うことはできません。ということは自分...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1673《通夜・葬儀・告別式の心得①「多死社会の現状と葬の捉え方》

【多死社会の現状と葬の捉え方】日本は世界屈指の長寿国になりました。経済が豊かになり栄養状態が良くなっ...

[ 弔事のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ