コラム

2015-12-17

マナーうんちく話1108《二次会カラオケのマナーと幹事の役割》

今や二次会の定番になったカラオケ。
職場のコミュニケーションを図るためにはとてもいいかもしれませんが、注意すべき点が多々あります。

ちなみに、カラオケの「カラ」は「空」で、「オケ」はオーケストラの意味です。
つまり生演奏ではなく、あらかじめ録音された伴奏を再生して歌う行為で、「カラオケ」が普及する前は「空演奏」と呼ばれていたようです。

そして今では、カラオケはブームを通り過ぎ、立派な文化を形成しており、特に酒席には付き物ですね。

「酒も歌も好きな人」にとっては天国のようでしょうが、「酒も歌も嫌いな人」にとっては地獄にもなりかねません。

私は、酒は好きですが、歌うのは嫌いです。
歌うのが嫌いということは、人の歌を聴くのも嫌いということもあります。

だから二次会がカラオケであれば、できれば断りたいのですが、「そんな堅苦しいことは言わずに、たまにはいいでしょう」と、無理やりに付き合わされることも多々あります。まして、「コミュニケーションを図るためだから」と言われれば断りにくい面もあります。

カラオケボックスでの大切なマナーといえば、「楽しさ」+「のり」だと思いますが、酒も歌も好き者同士なら自然に盛り上がります。

しかし歌はうたうのも聞くのも嫌いな人にとっては、作り笑顔にも限界があります。

カラオケボックスで要求されるマナーは実はここがポイントで、幹事は注意が必要です。

歌が好きでもないのに、付き合いだからと無理やりに参加させられた人がいる場合は、特に気配りが必要です。

幹事は、歌いたい人も、そうでない人も、いかに楽しむことが出来るかを考えて下さいね。

歌の好きな人はテンションが上がりますが、嫌いな人は下がります。
幹事の一番大切な仕事は、このテンションの調整です。

高度なマナーになりますが、皆が、程々に楽しめるように出来ればりっぱです。

先ず、本当に歌うのが嫌いなのか、わざと遠慮しているのかでは、接し方が異なるので、見極めることが必要です。

とりあえずは「どうぞ歌って下さい」と勧めてみて下さい。
真面目な顔で嫌がられたら、これ以上無理に勧めないことです。

しかし遠慮している人なら、「○○さんの歌は聴くのが初めてですね!楽しみです」等と勧めると、このようなタイプの人は喜んで歌うでしょう。

また、歌わない人は、参加したからには、なるべく雰囲気に合わせることです。
席選びも大切で、モニターから遠い席がお勧めです。

さらに、歌い終えた人に拍手をするとか、褒め言葉を投げかけるのもいいでしょう。兎に角、真剣に人の歌を聴くことも付き合いと心得て下さい。
スマホばかりいじるのはもってのほかです。

加えて、どうしても歌わざる得なくなった時は、思いきり楽しく歌って下さいね。笑顔いっぱいで歌うことです。卑屈になる必要はありません。
歌は苦手でも、他の得意分野で勝負すればいいことですから・・・。

なるべく作り笑顔をする、歌わなくてもいい回避方法を持っておく、そして、歌わなくても、場の雰囲気に同調するようにすることもお勧めです。

たまに、マイクを握ったら離さない人がいますが、一人一曲で、歌い終えたら次の人にマイクを譲ることです。そしてしっかり聴く。

翌朝には、幹事にお礼の言葉やねぎらいの言葉をお忘れなく・・・。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

12

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1320《親の葬儀に子どもは香典を出す?出さない?》

最近セミナーや講演会終了後に、「葬儀」に関する質問が目立ってきた感が有ります。少子化と超高齢化は「少子...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1319《訪問先で出された茶菓は いただくか? 遠慮するか?》

他家や他社を訪問することは多々ありますが、「茶菓を振る舞われた時のいただき方」に迷うことが有ります。訪...

[ 訪問ともてなしのマナー ]

マナーうんちく話1318《物を贈るか?現金を贈るか?それとも・・・》

贈り物をする時は心を込めて贈ることが大切ですが、「品物」を贈るか、あるいは「現金」の方がいいのか迷うことも...

[ 贈答のマナー ]

マナーうんちく話1317《あわれ秋風よ 情けあらば伝えてよ…》

「味覚の秋」を迎え美味しいものに目移りがする時期になりました。しかしなんといってもお手頃価格で美味しくて...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1316《正しく理解したい「春分」と「秋分」、「お盆」と「お彼岸」の違い》

日本には一年を24に分けた「二十四節気」が有りますが、それには大きな節目が4つあります。ご存知でしょうか?...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ