コラム

2015-12-13

マナーうんちく話1105《食事は楽しく! ティファニーのテーブルマナー②》

ホテル業界に入り、最初に配属された部署が饗応部で、フランス料理のレストランで接客の仕事に就くことになりました。

ビップと呼ばれるお客様も多く、お陰で接客の仕事がすっかり板についた気がします。加えて、フランス料理との長い付き合いが始まり、結局30年以上フランス料理のテーブルマナーに携わることになりました。

マナーに関する多くの書物を読みましたが、中でも「ティファニーのテーブルマナー教本」はとてもわかりやすく、かつ実行しやすい内容で、大いに親しみが持てます。一部を紹介しておきますので参考にして下さい。

●魚用のフォーク・ナイフと肉用のフォーク・ナイフの違いを理解すること。

●ナプキンは膝の上に置き、首に縛り付けたり、バンドに挟まないこと。

●スープスプンは右手に親指を上にして持ち、スープを吸う時にはスプンを向う側に少し傾け、手前から向こうに動かしてスープを満たします。

●カップで出たスープは小さいスプンを使用してもいいし、カップを手に持って飲んでもOKです。

●魚が柔らかくて骨が無ければ、魚用のフォークだけで食べても構いません。

●肉料理を食べる時は、フォークで肉を刺しナイフで切りますが、一度にひと切れだけ切って食べます。

●左手にフォークを持ったままで水を飲んではいけません。

●パンは指先でちぎり、バターナイフはバターを塗る時だけ使用します。

●アスパラガスは茎があまり長くなければ手で食べます。

●フィンガーボールを使用する時には指先だけ水に付けます。

●食卓の上に肘を付けないこと。

●食べ物を余り沢山口に入れないこと。

●食べ物を口に少し入れたまま、うまく話が出来ように練習すること。

●姿勢を正しく腰をかけます。

●目上の人より先に食堂から出ないでください。

テーブルマナーを教えるこの本は、ティファニー社が編纂したもので、とても魅力的です。勿論これ意外に色々な作法が存在しますが、基本的なことは是非理解して下さい。

私が初めてこの本を読んで感じたことは、今までのマナー教本と異なり、大変シンプルで、しかもユーモアセンスあふれる絵でした。

マナーの解説は、とても簡単ですが、時には大胆な表現もあります。
そして何より勉強させられたのが、かたくなにマナーを守るというのではなく、「食事は楽しむもの」であるということです。

つまり、フォーク・ナイフやグラスや料理の知識や作法があっても、社交性が伴わなければいけないということです。

だから良好な人間関係づくり等、様々なマナーが要求されます。言い方を変えれば、「食事を楽しむ」ために、マナーの存在意義があるということです。

「鶏が先か卵が先か」になりますが、食事を楽しむ大前提は、これまで何度もお話ししましたが「美しい食べ方」であり、それは「他者への配慮」です。

1日3回、1年間で1000回以上食事をするわけですから、それが楽しいと自然に人生そのものが楽しくなります。
より良い生き方とは、つまりそういうことではないでしょうか?

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

9

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1320《親の葬儀に子どもは香典を出す?出さない?》

最近セミナーや講演会終了後に、「葬儀」に関する質問が目立ってきた感が有ります。少子化と超高齢化は「少子...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1319《訪問先で出された茶菓は いただくか? 遠慮するか?》

他家や他社を訪問することは多々ありますが、「茶菓を振る舞われた時のいただき方」に迷うことが有ります。訪...

[ 訪問ともてなしのマナー ]

マナーうんちく話1318《物を贈るか?現金を贈るか?それとも・・・》

贈り物をする時は心を込めて贈ることが大切ですが、「品物」を贈るか、あるいは「現金」の方がいいのか迷うことも...

[ 贈答のマナー ]

マナーうんちく話1317《あわれ秋風よ 情けあらば伝えてよ…》

「味覚の秋」を迎え美味しいものに目移りがする時期になりました。しかしなんといってもお手頃価格で美味しくて...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1316《正しく理解したい「春分」と「秋分」、「お盆」と「お彼岸」の違い》

日本には一年を24に分けた「二十四節気」が有りますが、それには大きな節目が4つあります。ご存知でしょうか?...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ