コラム

2015-12-05

マナーうんちく話1100《郵便局に「年賀状はよしましょう」のポスター!?》

時節柄、再度年賀状に触れておきます。

喪中葉書は「忌中」や「喪中」の概念をある程度理解し、自分なりに判断するのが望ましいと思いますが、年賀状は新年を祝う季節の挨拶状です。

また、日本は四季が明確に分かれているので、「寒中見舞い」や「暑中見舞い」など、季節の挨拶状にも色々な種類がありますが、年賀状は数ある年中行事の中でも特に正月に関連するとても大切な挨拶状です。

従って、それなりの形式がありますが、最近は「自分らしさ」「個性」「自由」が尊重される時代ですから、ユニークな内容も目立つようになりました。

いずれにせよ、これまでお世話になった「感謝の気持ち」と、相手の「幸せを祈る気持ち」を込めることが大切です。

最近はメールの普及やソーシャル・ネットワーキング・サービスの拡大により、そのスタイルも多種多様になりましたが、依然として年賀状の発行枚数は30億枚をキープしています。

アナログ人間の私はもちろん年賀状派です。

不細工ながらも、一人ひとりの顔を思い浮かべながら手間暇かけて書く方が、健康・活躍を祈る気持ちや感謝の心がより伝わると思うからです。
恐らく多くの人がこのような考え方をされていると思います。

それと、もう一つ大切な理由があります。
それは、日本が物質的に豊かで、平和な社会だという証しでもあるからです。

ちなみに、年賀状を投函し、それが元旦に正確に届くために必要な条件は沢山ありますが、どんな条件が必要だと思いますか?

様々な条件をクリアしなければいけません。

先ず年賀状が入手できること。
その葉書に文字が書けること。
書いた葉書を投函でき、それをキチンと配達する郵便制度が確立している事。その制度が十分機能している事等などです。

日本ではすっかり当たり前になっていますが、葉書きが手に入らない人や、文字が書けない人も世界中には数えきれないくらい存在します。

今テロが大きな話題を投げかけていますが、このような事態に直面すれば、悠長に新年のあいさつを交わす余裕はありません。

実は日本でもこのような時代があったわけです。
明治になると郵便制度の発達で年賀状は目覚ましい発達を遂げますが、同時に戦争を経験するようになります。

世界大戦に参入する頃には、葉書そのものが手に入らなくなり、当時の郵便局でも年賀状の自粛ムードが高まります。
今では考えられないことです。

特に昭和13年(1938年)の国家総動員法の成立以来、ますますこの傾向に拍車がかかり、当時の郵便局には「年賀状はよしましょう」というポスターが掲載されるようになったそうです。

そして終戦直後の正月には、年賀状はもはやどこの家庭にも届かなかったのではないでしょうか。

後で触れますが年賀状は1000年もの長い間に、日本の大衆が思いやりの心で自ら築きあげた素晴らしい文化で、平和な時代の象徴だと言えます。

こんな時代だからこそ、そのありがたさをかみしめ、思いやりの心を失わない文化を次世代まで継承したいものです。

次回は年賀状の腕試しです。
是非挑戦してみて下さい。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1320《親の葬儀に子どもは香典を出す?出さない?》

最近セミナーや講演会終了後に、「葬儀」に関する質問が目立ってきた感が有ります。少子化と超高齢化は「少子...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1319《訪問先で出された茶菓は いただくか? 遠慮するか?》

他家や他社を訪問することは多々ありますが、「茶菓を振る舞われた時のいただき方」に迷うことが有ります。訪...

[ 訪問ともてなしのマナー ]

マナーうんちく話1318《物を贈るか?現金を贈るか?それとも・・・》

贈り物をする時は心を込めて贈ることが大切ですが、「品物」を贈るか、あるいは「現金」の方がいいのか迷うことも...

[ 贈答のマナー ]

マナーうんちく話1317《あわれ秋風よ 情けあらば伝えてよ…》

「味覚の秋」を迎え美味しいものに目移りがする時期になりました。しかしなんといってもお手頃価格で美味しくて...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1316《正しく理解したい「春分」と「秋分」、「お盆」と「お彼岸」の違い》

日本には一年を24に分けた「二十四節気」が有りますが、それには大きな節目が4つあります。ご存知でしょうか?...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ