コラム

 公開日: 2010-12-10  最終更新日: 2012-04-20

マナーうんちく話27≪赤穂浪士討ち入りとマナー≫


マナーうんちく話27《赤穂浪士討ち入りとマナー》

7日は24節季の一つ「大雪」でした。「晴れの国」岡山でも雪便りが聞こえてきて、冬将軍がやって来た感じですね。

そしてこの時期になると話題になるのがお馴染みの「忠臣蔵」。江戸時代に起きた元禄赤穂事件を題材にしたストーリーです。舞台、映画、小説、テレビなどこれだけ取り上げられた作品は他にはなく、主役の大石内蔵助を演じることは、俳優として最高の誉れでした。

概要は次の通りです。
元禄14年、江戸城内「松の廊下」において、赤穂藩主・浅野内匠頭が吉良上野介に突然切りかかり怪我を負わす。このことが将軍・徳川綱吉の逆鱗に触れ、浅野内匠頭は切腹、さらに赤穂藩はお取りつぶし。しかし吉良上野介はおとがめなし。

この裁きに対し、赤穂藩家老・大石内蔵助を始め赤穂藩士は激怒。お家断絶になったためお城を引き渡す時は何ら抵抗しなかったものの、それから密かに綿密な仇討計画をたて、苦労に苦労を重ねてついに、元碌15年12月14日に47人の赤穂浪士一行が吉良邸に押し入り、見事仇討ちを成し遂げ、主君に忠誠を尽くしたという、日本人の持つ正義感、忠誠心をくすぐる美しい物語です。
この物語、部下と上司のチームワークが最高ですね・・・

今日のテーマは、この事件の顛末はともかくとして、松の廊下で、浅野氏が吉良氏に切りつけた原因は「礼儀・作法に関することだった」ということです。


徳川幕府は、元禄14年の正月に朝廷から勅使を迎えることになっていました。
その饗応係を命じられたのが浅野氏でした。
饗応というのは、私もホテルに最初に入社した時の配属先が饗応部・饗応課だったのでよく理解していますが、早い話飲食をもてなす接待係です。ただ当時天皇の使者(勅使)を饗応するということは想像を絶する大変なことのようでした。全てにおいて大変堅苦しい礼式が伴い、しかも徳川幕府は徹底した形式主義だったので、今の会社関係の接待係とはわけが違ったようです
多分、この場合は単なる武家礼法のみならず公家礼法までが要求されたのではと思います。

しかし、高貴な公家の人を上気分にするように上手にもてなせば、大名として最高に名誉なことでもありました。逆に気分を損なえば腹を切らねばならないということです。
今流で言えば、この上ないハイリターン、ハイリスクですね。

結果は御承知の通り、接待するに当たり礼儀・作法に失態があり、大名としての面目丸つぶれになったということです。

その失態の原因は、吉良氏の教え方が悪かったせいだと浅野氏が判断し、その復讐のために、松の廊下で切りつけたわけですね。

真相は明確ではないですが、「教え方が悪かった理由」としては諸説あります。主なものは、
①赤穂藩の塩の素晴らしい製法技術を吉良氏が聞いたけど、浅野氏が教えなかったから。
②教えを被るに当たっては当然授業料が必要になるが、浅野氏がそれをケチって相場通りの謝礼金を出さなかったから、丁寧に教えてもらえなかった。

最後に教えを被る相手がなぜ吉良氏だったかといいますと、吉良家は、儀式、行事、制度、法令、慣習、風俗、官職等の「有職故実(ゆうそくこじつ)」に精通した高家(大名・旗本といった家の格式の一種)だったからです。
ちなみに高家の仕事は、今の外務省の儀典局職員、宮内庁の式部官のような仕事です。


今はそうでもありませんが、つい10年くらい前までは、師走に放送されるテレビの大型ドラマには必ずと言っていいほど忠臣蔵が登場していました。記憶に新しい方も多いと思います。そしてピークに達する12月14日は、視聴率が50%に達したこともあるほどの日本人にとってなじみの深い物語ですね。

その赤穂事件のそもそもの発端は、「礼儀・作法」であったということを御理解いただけましたでしょうか?

改めて、人をもてなしたり、キチンと挨拶をしたり、立ち居振る舞いに気を配ったり、姿勢を正して食事をしたりすることの大切さをかみしめたいものです。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1369《幸運を呼ぶ「運盛り」のお勧め》

国土の7割以上を山で覆われている日本では、四季折々の山の様子を人に例えて非常におおらかな表現をしています。...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1368《二十四節気の一つ「大雪」と「イルミネーション」》

最近公民館、女性大学、地域、教育委員会、諸団体等からの「年中行事」に関する講演依頼が増えてきました。10日は...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1367《大切にしたい服装のマナー》

「クールビズ」や「ウオームビズ」が浸透したせいで、服装もかなりカジュアルになり、個性が尊重されるようになり...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1366《子どもにマナーを教えることができますか?②》

この度文部科学省の問題行動調査で、全国の国公私立の小中高、特別支援学校において「いじめ」が224540件発...

[ 親に身につけていただきたいマナー ]

マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ